原作と違ってグイグイ読める!手塚治虫版「罪と罰」が面白い

▼この記事をシェアする

Kindleストアの月替わりセールで買ってみたこのマンガ、思いのほか良かったのでご紹介。原作はタイトルの通りで、ドストエフスキーの超有名作「罪と罰」です。

tsumi-to-batsu-kindle-1

物語のあらすじ

この本、学生の頃に読もうとしたものの、その読み辛さのあまり挫折した経験があります。今このタイミングで初めて物語の全容を知りましたw

不安と恐怖に駆られ、良心の呵責に耐えきれぬラスコーリニコフは、偶然知り合った娼婦ソーニャの自己犠牲に徹した生き方に打たれ、ついに自らを法の手にゆだねる。―ロシヤ思想史にインテリゲンチャの出現が特筆された1860年代、急激な価値転換が行われる中での青年層の思想の昏迷を予言し、強烈な人間回復への願望を訴えたヒューマニズムの書として不滅の価値に輝く作品である。

Amazon.co.jp「罪と罰〈下〉」より引用

このあらすじを読むだけで雰囲気はわかると思いますが、とにかくこの手の書籍はとっつきにくい。そして、読みづらい。こういう作品をマンガにしてくれると、話の内容もスッと理解できるのでありがたいですよね。

手塚治虫版アレンジが読みやすい

手塚治虫のマンガって、話が難しくてもどんどん読み進められますよね。構成が上手だからなのでしょうか。

とにかく、私が以前挫折した罪と罰とは思えないほど物語が頭に入ってきます。やっぱり何かを伝えるには「絵」が強いですね。

tsumi-to-batsu-kindle-2

こういうところは、まさに手塚治虫ワールドです。殺人を犯してしまった主人公が、良心の呵責に苦しみはじめた頃のやりとりです。

tsumi-to-batsu-kindle-3

表現力がすばらしいです。ちょっと美しいとすら思ってしまいました。こういう独自色をはさみながら、物語は続きます。

tsumi-to-batsu-kindle-4

原作を知っている人にもおすすめ

もちろん話のポイントは原作と全く同じですが、マンガ版を読むことではじめて分かることもたくさんありそうです。

主人公の微妙な心境の変化や良心の呵責で苦しむ様子は、絵になっていたほうがより分かりやすいですからね。

細かなニュアンスが違う部分もあるかもしれませんが、それはこのマンガ独自の世界観ということで楽しむといいんじゃないかなと。

面白いので最後まですぐ読めちゃいます。今月中はセール価格で激安なのでぜひ読んでみて下さい。

スポンサーリンク