カッコイイ職務経歴書を作るなら「VisualCV」がオススメ!

転職活動をする時に悩むのは履歴書と職務経歴書の書きっぷり。特に職務経歴書はフォーマットが自由だったりするので、その人のセンスが試されます。そういう時、大いに役立つサービス「Visual CV」を紹介します。

visualcv_top1

見てわかるように、このサイトは日本語には対応していません。英語の勉強と思って使って貰えたらいいでしょう。ちなみに英語では履歴書や職務経歴書をまとめて「Resume」という書類にまとめるのが一般的です。日本のものと多少書きっぷりが違いますが、しばらく見ていると慣れてくると思います。

8800以上ものレジュメサンプルが手に入る

まずこのサービスで驚くのは、サンプル数の多さ。なんと8800種類ものレジュメサンプルが掲載されています。カバーしている職業の種類も多種多様。数を数えようと思ったのですが多すぎて断念・・・。アルファベットのA・B・Cからはじまる職業だけでこの数ですからね。

VisualCV_jobs

サンプルがとにかくカッコイイ!

何が良いかって、掲載されているサンプルがやたらとカッコイイのです。これを見た後に日本の一般的な履歴書・職務経歴書を見ると愕然とします・・・。見た目って重要です。

数多くある職種から、今回はサンプルで「Sales」を選んでみました。職種によって、タイトル別のレジュメサンプルが用意されています。Salesだと7種類ありました。

VisualCV_sales_top

その中で選んだのは「General Sales Manager」というタイトルのサンプル。かなり上位の役職だからなのか、スタート時点で既にカッコイイ。

Visualcv_General_Sales_Manager1

こういう感じで職歴のサマリーを記載。途中は省略しますが、具体的な実績例なども記載されています。そして、最後は言語・学歴・家族の項目を書いたら、最後はサマリ。シンプルで無駄がない内容なので、見る側もかなり見やすいですね。

Visualcv_General_Sales_Manager2

このレジュメが簡単に作れる

サンプルは誰でも見ることができますが、会員登録をすればこのレジュメを実際に作ることができます。料金は無料なのでご安心を。

まずはWebサイトから「SIGNUP」を選んでアカウントを作ります。GoogleやLinkedInのアカウントを持っている人はそのアカウントでログインすると楽に作れます。

myresume_top

最初は情報がほとんどないので、自分の好きなようにレジュメを書いて行きましょう。英語だから大変ではありますが、レジュメのサンプルを参考にして作れば案外すぐ作れちゃいますのでご安心ください。英語の勉強にもなって一石二鳥ですね。

このサービスの良いところは、レジュメを作りっぱなしにはしないこと。作ったレジュメはSNSやメールなど多くの方法でシェアすることが可能。そして。このシェアしたレジュメがどれだけの人が見たかといった情報もチェックできます。

resume_share

プレミアムアカウントに申込すれば「誰がレジュメを見たか」の情報まで見ることができるそう。レジュメで色んなデザインで作ろうと思ったら同じくプレミアムアカウントの申込が必要なので、本気で使い倒す人であれば申込しても良いかもしれません。ただ、ここまで無くても機能としては十分ですかけどね・・・。

まとめ

こういった「レジュメ」を基点とするサービスは見たことがなかったので、最初に見た時はかなり新鮮でした。新鮮なだけではなく、非常に実用的ですぐに使い始められれそうなところもまた素晴らしいなと思います。

実際に私もアカウントを作ってレジュメを作ってみました。思った以上にすぐ作れて、見た目も思った以上に満足のできるものになりました。(内容も内容なので公開はできませんが・・・)

海外のサービスで使う人を選びますが、とても便利なサービスです。これから転職を考えている人もいない人も、ぜひ試してみてください。

今回紹介したサービス

この記事をシェアする