今年も3.11がやって来ます。防災への備えは万全ですか?

多くのメディアで3.11特集が行われる時期になってきました。3.11は、日本人にとって忘れることのできない日になりました。復興の状況がどのようになっているかは、メディアを通じて知ることができます。

一方で、私たち自身の災害に対する意識はどうでしょうか。震災直後に比べると、かなり緩くなっているんじゃないかなと思っています。防災グッズも毎年きちんと確認している人は大分減って来たのではないでしょうか。

こういう時こそ防災対策をきちんと見直しておくべきだと思います。防災と言っても地震だけではなく、火事、水害なども考えておく必要があります。全部を完璧にしておく必要はありませんが、できる限り意識しておくことが大事です。

今回は、私が実際に毎年チェックしていることや、用意しているもの、意識していることなどを書いてみたいと思います。

(1)意識していること

まず意識していることは、震災発生時に自分がどういう気持ちでいたかを、きちんと振り返るようにしています。私の場合は実家の両親と都内にいる弟と妻の身の安全をいち早く入手するので頭の中はいっぱいでした。

自分の様子を客観的に振り返るのには、Facebookやブログ投稿、Twitter登校の検索をしてみると良いでしょう。ちなみにTwitterで自分の過去ツイートを検索するには、検索ボックスで「TwitterのID since:2011-03-11 until:2011-03-12」と入力して検索すればOKです。

実は前日まで松島に宿泊していたので、その宿泊先のホテルが大丈夫なのかも心配していました。お店の主人がとても親切だったから余計に思い出してしまって・・・。

(2)用意しているもの

このタイミングで必ず行っているのは、防災用品の中身チェックと買い替え。リュックは一度買えば良いですが、中身のグッズには水や食物も入っているので、定期的に買い替える必要があるのです。1年に1度の見直しくらいがちょうどいいサイクルでしょう。

アイリスオーヤマが出しているこのリュックぐらいのサイズが使いやすくていいと思います。

家族分まとめて1つに詰め込んでおきたいという人はとりあえずこれが1つあれば大丈夫でしょう。ちょっと高めですけどね。

いずれにせよ、背負うことができるリュックは必ず用意しておきましょう。避難中、両手が使えるか使えないかではできることが大きく変わって来ますからね。

次は飲料と食料です。いざとなった時に持ち出せる、かつ家に待機することになっても使えるものであることが重要です。

まず水。持ち運びしやすい500mlペットボトル入りを水を備蓄しておきましょう。2Lサイズだと持ち歩くのが大変ですからね。使わなければ、年に1度の買い替えタイミングで飲んでしまえばいいので、市販の安い水で問題ありません。

続いて食料。乾パンやレトルト食品も便利ですが、個人的にはえいようかんをおすすめします。かなり長持ちする上、普通にようかんとしても食べられます。これも買い替えのタイミングでおやつ代わりに食べてしまえばOKです。

次は保温グッズです。旅行の時にも持って行けるので使い回しができるこれを用意しておくのが良いです。いざという時に1枚あるとないとでは全然違います。

電池の消費が少ないLED懐中電灯は必携です。毎年きちんと新しい電池・充電済みの電池をセットするようにしておきましょう。

個別に持っておいた方が良いものはそのくらいです。水・カロリー補給・体温維持が確保できれば、かなり遠くまで避難することもできますし、何日かしのぐことも可能です。まだ防災グッズが家に無い人は、何か起こる前にちゃんと用意しておきましょう。

(3)チェックしていること

このタイミングで、避難経路や避難場所の確認を行っています。私の住んでいる杉並区だとこのような地図が区の公式サイトに掲載されています。皆さんも、住んでいる自治体の公式サイトをチェックしておくことをおすすめします。

suginami_hinan_map_2015

また、ハザードマップも多くの区で公開されているのでこちらもチェックしておきましょう。国土交通省のポータルマップサイトから各自治体別のハザードマップをチェックすることも可能です。

hazardmap_suginami_2015

(4)電池・バッテリーの確保

地味ですが、これがかなり重要です。震災のとき一時停電していましたが、ポータブルバッテリーと電池が合ったおかげでスマートフォンを使い連絡を取ることができました。合わせて電池も用意しておけば2、3日は通信できる状態を確保できます。

電池はAmazonベーシックのもの、バッテリーはAnkerのものがコスパが圧倒的に高くておすすめです。既に持っている人は、きちんと使えるかをチェックしておきましょう。特にバッテリーは時間が経つと容量が減ってきますからね・・・。

まとめ

いざ災害が起こった時「準備しておけば良かった」と思う前に、できる限りの準備をしておくことが大切です。準備をしすぎて後悔することはありません。

これから3.11に向けて商品が売り切れ始める頃だと思うので、無くなる前に確保しておきましょう。3.11を過ぎるとどうしても防災への意識が薄くなって後回しになっちゃうので・・・。

この記事をシェアする