【レビュー】Kindleのホワイトカラーは外観・使用感ともに良いコスパ最強の端末だと思う

先日予約注文をしていたKindleのホワイトカラー版が昨日届きました。ワクワクしながら開封して早速使ってみたので、その感想を書いてみます。

まずは開封と中身のチェック

やっぱり外観はAmazonらしい、シンプルな作り。毎回ですが、amazonのロゴがパッと見よく分からない・・・。

2015-04-09 08.52.35

 

中にはKindle本体のほか、説明書と充電用のUSBケーブル。不要なものは極限まで削ってあります。だからこそここまで安い金額で販売できるのかなとも思ったりはします。

2015-04-09 08.53.46

ちなみに本体の後ろにもamazonロゴが刻印されています。写真だとわかりづらいかと思いきや、実際に見ても相当わかりづらいです。私もよくよく見たらあるかも・・・という感じでした。

2015-04-09 09.02.43

しばらく使ってみた感想

言ってしまいますが、雑誌を読まない限りはKindleシリーズでも一番安いこの機種があれば十分です。ディスプレイ解像度の低さや携帯回線の有無は気になりません。

ちなみに小説を読むときはこんな感じ。くっきり見やすくて相当良いです。マンガを読むときも同じく快適です。むしろ高解像度のKindle Paperwhiteよりこっちの方が見やすいかも。解像度が高過ぎると目に負担がかかるんですよね・・・。

2015-04-09 09.02.22

Kindleストアで買う時は今までの流れと同じです。前世代のKindle Paperwhiteから比べると処理速度がかなりアップしています。画面のローディングやタップ反応速度でのストレスはゼロ。

2015-04-09 09.00.37

 

一台あれば間違いなく重宝する

というわけで思った以上に素晴らしい端末でした。毎日持ち歩いて読書に勤しもうと思います。持っていない人は買っておきましょう。土日やゴールデンウィークといった長期休暇で長時間移動するとき、手元に一台あれば相当役に立つことうけあいです。

より高解像度で3G回線も使いたい人は、PaperWhiteですね。私も使っていますが、マンガのような容量の大きい本以外は「欲しい」と思ったタイミングですぐ買えます。Wi-Fi環境があまり身近にない人はこちらの3G回線付きモデルを持っておいたほうが良いかもしれませんね。