上野竜太郎氏のような元ニートが市議会議員になるのはありだと思う

▼この記事をシェアする

千葉市の市議会議員選挙に出馬した、上野竜太郎という人が話題になっています。何で注目されているかというと、中卒でニートという議員とは到底かけ離れた経歴の持ち主だということ。その上野氏が、選挙で何と1399票を獲得したのです。

ニートが1399票獲得! 千葉市議会に立候補の上野竜太郎氏、落選も健闘讃える声相次ぐ(BLOGOS)

この上野氏が賞賛されるのは、ニートの状態から選挙に出馬するというところまでやり遂げたという点が大きいですが、その発言内容にも共感できる内容が多くあったからでしょう。最初は自虐的ツイートばかりだったのですが、選挙活動を通じて大きく成長している感じも、また良いのでしょうね。

選挙活動スタート時は自虐的ツイートだらけ

上野氏のツイートを見てもらうとわかりますが、この頃はひとりごとに近い投稿ばかり。フォロワーも6人という人数で、誰も見ていないに近い状態でした。

選挙活動が少しづつ進むにつれて、ツイート内容に変化が。

「選挙カーを使わず、ポスターは自作で」の投稿が話題に

公費で賄うことができると聞くと、普通の人であれば「ラッキー」ということで使うでしょう。ところが上野氏はこの点に疑問を感じ、徒歩・自転車での選挙活動を行いました。また、ポスターも自分で作ったのです。すごすぎです。

選挙カーに関する考察は、まさにその通りですが、今まで誰も注目してこなかった点です。選挙費用というものを改めて考えるきっかけになりますね。みんな自転車で活動すればいいんですよ。

投票では見事1399票を獲得

残念ながら当選とは行きませんでしたが、最下位では無かったという点と、これだけ費用を掛けないにも関わらず1399票という決して少なくない票数を獲得できたというのは快挙だと思います。 学歴経歴関係なく、元ニートであっても、世の中のことを良くしようと行動する人がいれば、自然と人が集まってくるということの何よりの証拠です。そういう有権者がいるということは、まだ政治が良くなる可能性は残っているということでもあります。

これから上野氏は各所からひっぱりだこになると思いますが、将来もしかすると本当に議員になってしまうかもしれませんね。個人的にも応援したいです。ぜひTwitterやブログを見てみて下さい。熱い人です。

上野竜太郎(Twitter)

上野竜太郎のブログ(Ameblo)

スポンサーリンク