ブロガーという新しい生き方を知りたいなら『レールの外ってこんな景色』を読もう

image

Kindleストアで偶然目に留まったので買ってみました。ブロガーたちの共同著書なので一般書籍ほどの内容は正直期待はしていなかったのですが、思っている以上に内容が濃い本でした。ブログで生活していきたいと思う人だけではなく、これからブログを始めようかなという人にもおすすめできる本です。

ブログを何に使うかは人それぞれ

この本には名前が知られているブロガーが多数登場します。でも、決して専業ばかりの人ではありません。本業は会社員、ブログはあくまで自己実現の手段という位置づけにしている人もいます。今はブログで生活している人でも、最初から稼ごうとしてブログを書こうとしたわけではなく、結果的にそうなった人が多いんです。このあたりは一般的なブロガーのイメージとほぼ同じかもしれませんね。

ここで注意して欲しいのは、アフィリエイターはブロガーではないということ。BLOGOSにある永江一石さんの記事を読んでもらえるとどういうことかが分かるかなと思います。ためになる内容なのでぜひ読んでみて下さい。

私がブログをはじめたきっかけ

遡ること数年前、このブログの前にAmebloで長い間ブログを書いていました。始めたきっかけは「他の人が考えないようなアイデアや意見を持っているんだから、表現したほうがいいよ」と会社の人に言われたこと。自分に独特な意見や考えがあることなんて思ったことすらなかったので、新鮮でしたね。

その頃、活字中毒ともいえるくらい読書をしていたので、読んだ本の感想や仕事についての考え方をコツコツ投稿していました。すると自然と読者が増えて、コメントを貰ったりすることが増えてきて、見事にハマったわけです。頭の中のことを文字にするということで、ストレス解消にもなっていたから続いたんでしょうね。

そのAmebloをしばらく中止してしまったわけですが、Amebloだとカスタマイズできる部分が少なすぎて、その頃いろいろブログでやってみたいことができず・・・新しくレンタルサーバーを借りてWordPressでサイトを作るのも大変、ということでスパッとやめてしまいました。

その後やっぱり文字を書いてブログ記事を作る楽しさが忘れられず、サイト構築の最低限の知識を勉強して再度ブログを開始したというわけです。ブログのアクセスはまだまだ数万PV程度なので弱小ブログなわけですが、私のはブログを「文字を書いて伝えたいことを伝えるため」「趣味」「ストレス解消」と位置づけているので、のんびりコツコツ、マイペースで続けられれば満足です。

収益は数万程度入ってくるので、会社員の趣味と副業を兼ねたものというのが一番イメージしやすいかもしれません。私と同じように会社勤めの人にとっては、一つのケースにはなれるんじゃないかなと勝手に思ってます笑。

新しい景色を垣間見ることができる

決してブロガーになるよう勧める本でもなければ、「ブロガーは大変だよ」ということを語るような内容でもありません。でも、かなり生々しい本人たちのコメントが書かれているので、「ブロガーってこういうものなんだ」ということはかなり詳しくイメージできるのではないでしょうか。

4月中であれば、Kindleプライム会員は0円で読めちゃうので、ぜひ読んでみてください。何か新しいことを始めてみたいなーとぼんやり思っている人にもおすすめのです。プライム会員じゃない人は750円という微妙な価格ではありますが、ぜひポチってみてください。