TSUTAYAによる格安スマホ「TONE」の発売でワイモバイルが苦境に。

楽天ポイントに続き、Tポイントも格安スマホの世界に登場してきました。

TSUTAYAの格安スマホ「TONE」発売

スクリーンショット 2015-05-06 1.59.36

ついにTポイントを持つTSUTAYAが格安スマホ+MNVOに参戦してきました。独自ポイントを持っている企業だと楽天モバイルがしばらく前に参入しており着実に足場を固めていっています。なので、当面はここを追いかける形になっていくのではないでしょうか。

「TONE」の特徴

月額料金は1000円ポッキリ、本体価格は24000円とわかりやすい低価格路線で参入してきました。MNVOなので高価格で攻めるとVAIOフォンのようになってしまうので、これが正解でしょう。

ここTONEの最大の強みは、TSUTAYA全店で販売できること。BIC SIMとまではいかなくとと、そこそこの台数は売れるのではないでしょうか。

また、Tポイントと連携するのも大きいですね。貯めたTポイントで支払いができれば、毎月0円で運用することも可能です。この点では、楽天モバイルがライバルになりそうです。

ワイモバイル、大丈夫?

格安、Tポイント、TSUTAYA店舗を最大限に活用されると困るのがワイモバイル。中途半端なポジショニングをしてしまったため、キャリアにもMNVOにもなれずに苦戦しています。

TONEが売れてしまうと、立ち位置が一層不明瞭になってしまうので、いずれはソフトバンクモバイルに吸収され、閉店相次ぐ…という流れは十分に考えられます。

個人的にはnexusの取り扱いを率先していたりと尖ったキャリアになる可能性は感じるので、ぜひとも頑張って欲しいところです。

まとめ

MNVOも勝ち組負け組が出始めているタイミングでの参入なので、正直厳しい戦いにはなると思いますが、Tカードでポイントを集めている人には嬉しいサービスなのではないでしょうか。

安くてオシャレでポイントが貯まるスマホ。個人的には結構ありだと思いますが、どうでしょうか?