空気清浄機はダイキン製を長く使うのが一番お得

これまた引っ越しがきっかけになるのですが、数年間使っていた空気清浄機を買い換えました。

まだ充分に使えるのですが、引越し先のリビングが広いため、範囲が広い機種にする必要があったのです。

で、購入したのはこの機種。

初めてのダイキン製品。今まではずっとシャープのプラズマクラスターを使っていたのですが、今回とあることに気づいてダイキンへと乗り換えました。

ダイキンの空気清浄機はフィルター交換が不要!

これ、ダイキンはあまりアピールしていませんが、かなりのメリットだと思うんですよね。

空気清浄機のフィルターは1年〜2年間くらいで交換する必要がありますが、このフィルターが結構高い。モノによっては数千円はします。

なので、もし5年ほど同じ機種を使おうと思ったら、追加で一万円ほどかかります。キヤノンがコピー機本体でなくカートリッジで稼いでるのと同じ理屈ですね。

それに気づいたこともあり、今回はダイキン製品を買ってみたというわけです。届いた後から早速フル稼働していますが、至って順調です。

image

最初は思ったよりデカくて驚きましたが、しばらくすると見慣れて来ました。この機種は加湿機能も着いているので、それを考えると妥当なのかも。

image

我が家にいる犬の臭いには効果はないそうですが、その他の生活臭には抜群の効果があるそう(口コミ)なので、しばらく使って効果を実感してみたいなと思っています。

大きい割には吸引音もうるさくないのも良いですね。このあたりは本体の大きさにある程度比例するのかもしれませんが。

というわけで、本体価格はちょっとお高めなダイキンの空気清浄機ですが、ランニングコストを考えると意外とお得だったりします。買い替えの際はぜひチェックしてみてください。