流星ワゴンロケ地「鞆の浦」は、伝統と懐かしさの同居する美しい町。

こんにちは。こてつです。

僕の実家がある広島県の福山市には「流星ワゴン」のロケ地で有名な「鞆の浦」という場所があります。

福山に住んでいた頃は行こうとすら思わなかった鞆の浦、ところがこのGWに行ってみたところ、思っている以上に魅力的な場所だなぁと思ったのです。

歴史と懐かしさが同居する町並み

GWなのでどこも駐車場が満車・・・。というわけで、少し遠くの駐車場から妻と犬2匹含む家族で、ぶらぶらと町を眺めながら中心部まで歩きました。

歴史を感じる建物がたくさんあって、歩いているだけでも楽しくなってきます。絶好の晴天なのもまた良し。もっと早く来ておけばよかったなぁと今更になって悔やんでおります。

この家も良い雰囲気。これが鞆の浦マジックというやつ(謎)でしょうか。見る建物がどれも素敵に見えてきちゃいます。

流星ワゴンでお馴染みの場所も

もちろん鞆の浦には流星ワゴンのロケで使われた建物や場所がたくさんあります。ドラマにハマっていた人ならひと目で分かりますよね。例えばこの場所。会社を創業して資金繰りが苦しい時代に、忠さんがお金を借りた場所ですね。

言わずもがなではありますが、これがあの忠さんの家です!ドラマでは後に丸忠コーポレーションという巨大な会社になりますが、最初はここからスタートしたわけです。

主人公(カズ)が子どものころ、よく隠れていた場所ですね。いろんなシーンで登場していた場所なので、見たことがある人も多いはず。この場所は見晴らしも良く、海風も香る、素敵な場所なんです。

例えば、ここから見た海の景色や、

そばにあるお店とか。

ブラブラならがら何も考えずにコーヒーを飲みながらゆっくりする。最高じゃないですか。

まだある「流星ワゴン」シリーズ

これで終わりかと思いきや、帰りの道路沿いにあるおみやげ屋さんで意外なものを発見。なんと、倒産してしまったあの中華料理屋さんの看板がこんなところに。

ちなみにこのお店には広島の名産がたくさん売ってました。しこたま買い込んでしましたしたよ。。。

もちろん店内にかかってるBGMはサザンの「イヤな事だらけの世の中で」です。

見るからに美味しそう。炭水化物が捗りますわ。写真の下側にある鯛めしの素もおすすめ。私も毎回広島に帰るたびに買ってます。

鞆の浦+尾道は一緒に巡ると素敵

ここからは旅行で来られる方向けの話。鞆の浦の町自体はそこまで広くありません、なのでここだけを目当てにすると時間を持て余してしまうかもしれません。

その場合は、近くの尾道にも足を伸ばしてみることをおすすめします。同じ海沿いの町ですが、雰囲気が全然違います。違いを感じながら町を歩いてみるのも楽しいですよ。

ちなみに宿泊するなら欧風亭が断然おすすめです。仙酔島含めた絶景を見ることができるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

▼欧風亭の詳細