新型はさみ「フィットカットカーブ プレミアムチタン」の切れ味が抜群で感動

PLUSから発売されたはさみが素晴らしいとよく聞いていましたが、まさかこんなに良いものだとは思いませんでした。

次世帯のはさみ「フィットカットカーブ」

image

最大の特徴はこの「カーブ」

普通のはさみと比べてみると、その違いがハッキリわかります。

image

どの場所から切り始めても、常に同じ確度になるように調整されています。このスゴさが私にはよくわからないのですが、この曲線のことを数学者の「ダニエル・ベルヌーイ」からとって「ベルヌーイカーブ」と呼ぶらしいです。

スクリーンショット 2015-05-11 15.57.46

実際に3倍切れるのか試してみた

気になるのは「実際に3倍切れるのか?」というところ。ザックザク切れちゃうぜ〜な状態をイメージしちゃいますが、実際に試してみると、そこまでではありません。数字で伝えるなら、1.5倍くらい切れやすくなった印象です。ただし、この1.5倍って相当すごいと思うのです。

特にダンボールなど硬いものを切る場合、切りやすさはもちろんですが、グリップを握っている手への負担も気になるんですよね。普通のはさみでダンボールを切って手が痛くなった経験、ありませんか?フィットカーブで切ると切れ安さが増えた分、手の痛みもかなり軽減されます。

なので、「切れやすさ1.5倍、手への負担1/2」という理解のほうが正しいでしょう。使えば使うほど、その効果がわかってきます。

普段使うものこそ、良いものを使おう!

今回紹介したはさみのように、普段から使う文房具こそ、良いものを拘って使いたいですね。

文房具の世界は、着実に進歩しています。一度、文具店や東急ハンズに行ってみてチェックしてみると良いでしょう。

ちなみに私が個人的に狙っている文房具はこちら。針なしホッチキスと、紙の角を丸くしてくれるパンチ。どちらも人気があるので便利なのかもしれません。