BRUTUS『真似のできない仕事術』にあったイケてる情報収集方法

▼この記事をシェアする

気まぐれで買った雑誌『BRUTUS』ですが、意外と面白いことが書いてありました。

検索結果のショートカットを保存する

一通りの情報収集術は知っているつもりでしたが、この方法は初めて見ました。個人的には、かなりの衝撃です。

image

情報をEvernoteにクリッピングして後からまとめて見るという方法はよく見かけます。その方法は楽ちんなのですが、Evernoteを立ち上げるものの保存した記事を読まないままにしておくと、内容の鮮度が一気に落ちるんですよね。

その点、検索結果のショートカットだけを保存しておけば、いつでも最新の情報を見ることができます。しばらく後から調べる場合でも、です。実際にやってみましたが、これは簡単でわかりやすい。マネしてみる価値ありですよ。

数年ごとに拠点を変える

他に「おっ」と思ったのは、定期的に住まい(拠点)を変えていくというやり方。

image

引っ越しをすることで新しい情報に触れる機会を作ること、情報の取捨選択をする機会を作ることができるというのはごもっとも。同じところに長くいると情報に飲み込まれるというのは、感覚的にわかる人も多いのでは?

今回2つのトピックを取り上げてみましたが、意外と週刊誌も面白いと改めて感じました。情報の鮮度は低くても、中身のコンテンツにはまだまだ魅力があるなと。

たまには気になる雑誌があったら買ってみることをおすすめします。案外知らない情報が見つかったりするかもしれません。単純に読み物としても面白いですけどね。


BRUTUS(ブルータス) 2015年 6/1 号 [雑誌]

スポンサーリンク