他のメーラーには戻れない!?次世代Gmail『Inbox』が使いやすさ抜群!

Googleによる期待のメールアプリ「Inbox」がついに一般向けリリースされました。

最初に言っておくとGmailアプリの使い勝手が決して悪いわけではありません。むしろ他のメーラーに比べると遥かに使いやすい。でも、一度このInboxを使ってしまったらもうGmailアプリには戻れません。それほど使いやすいのです。私がこのアプリのポイントだと思ったところをピックアップしてみます。

機能と見た目を両立したデザイン

見た目が大きく変わりました。見た目がまずガラリと変わりました。Web版と見た目がほぼ同じなので、見慣れている人も多いでしょう。これはこれで使いやすいですけどね。

iPhone版「Gmail」アプリの受信ボックス。シンプルで使いやすいインタフェース。

そしてこれが「Inbox」のインタフェース。見た目が大きく代わって、まず送信元のアイコンが表示されるようになりました。また、メールの内容が一部表示されるようになりました。先日、Amazonでスニーカーを注文したのですが、荷物の追跡画面に直接この受信ボックスから進むことができるようになりました。

iPhone版アプリ「Inbox」の受信ボックス。個別のメールを開かなくても内容が確認できるようになっている。

アーカイブに代わる「完了」

Gmailと言えばアーカイブと言っても過言ではありません。メールを削除しなくてもアーカイブすれば受信ボックスからなくなります。あの堀江貴文氏もアーカイブ機能があるGmailをイチオシしていて、著書の中でもこれを使って効率よく仕事していると書かれていました。

基本的にはInboxでも同じ扱いです。一覧にあるメールを右にスワイプすれば操作完了。受信ボックスからなくなりますが、検索すれば確認することが可能です。

私の感想ですが、Inboxだとメール=タスクという位置づけにしているのでしょう。なので今回アーカイブが「完了」という位置づけに変わったのだと思います。

メールを長押しすることで一括で「完了」「削除」することも可能。

メールのスヌーズ設定が可能になった

メールのタスク化も簡単な操作だけでできるようになりました。意外と届いたメールをカレンダーにセットしたり、タスク管理ツールにセットするのが面倒だったりします。

この面倒さを解消するのがこのスヌーズ機能。メールを左にスワイプすればこのメニューが登場するので、条件をセットしておけば通知してくれます。実際に使ってみるとかなり便利。

日付、期間、場所を指定してスヌーズ設定を行うことが可能に。

まとめ:タスク管理の要素が強化された新Gmail

スワイプ一発で完了・削除ができるようになり、リマインダーやスヌーズといったタスク管理の機能が追加され、より実用的なアプリに進化しているように感じました。

Gmailはあくまでメーラーでしかありませんでしたが、今回のInboxリリースによって使用頻度は今までよりもグッと高くなるのではないでしょうか。

個人的にはTODO管理のアプリとの二重運用をしなくてもこのアプリだけで十分いけるのではと思っています。使うアプリは少ないに限りますからね。

Gmailの方が使いやすいという人ももちろんいると思いますので、まずは一度お試しあれ。


仕事で使える!Gmail クラウドメール徹底活用術 (仕事で使える!シリーズ(NextPublishing))

スポンサーリンク