純国産スニーカー「ムーンスター ファインバルカナイズ」のサイズ感と履いてみた感想(追記あり)

革靴って足が疲れるので、私が買う靴はもっぱらスニーカー。見た目と履き心地が良さそうなスニーカーがあればついつい買ってしまいます。

今回、以前から気になっていたバルカナイズ製法のスニーカー「ムーンスター ファインバルカナイズ」を購入したので、商品の紹介と履き心地について書いてみたいと思います。

バルカナイズ製法については別のエントリーで詳しく書いているので、興味がある人はこちらも合わせてどうぞ。

参考:ニーカー好きなら抑えておくべきキーワード「バルカナイズ製法」

不思議と「懐かしさ」を感じるパッケージ

このスニーカーは価格が控えめなのが嬉しいですね。タイムセールとAmazonクーポン券を上手く組み合わせて、3000円でほどで買うことができました。ラッキー。

Amazonタイムセール(毎日更新)

というわけで、早速開封してみます。Amazonの箱を開けると、どこか懐かしい雰囲気の箱が登場。ムーンスターって学生向けの靴を作っているイメージの方が強いのでそう感じるのかも。

これはこれで味があって良い感じ。

続いて中身です。一見、コンバースとの違いが分からないと思います。コンバースファンでない限り、近くから見ても多分分かりません。この靴は「触ってみてナンボ」なのです。

バルカナイズ製法ならではラバーソール接合部分と、独自の風合いがあるキャンパス部分はコンバースのそれとは一味違います。

こちらが紐を通した状態。画像に加工しているので少しわかりにくいのですが、シンプルでカッコイイんですよ。黒生地と白紐のスニーカーは服を選ばないので、活躍する機会が増えそうです。

このスニーカー独特の「サイズ感」に注意

この靴で気を付けたいのは「サイズ選び」です。僕は普段25.0cm〜25.5cmのスニーカーをはいていますが、今回は各所のレビューを参考にして、小さめの24.5cmを注文しました。

他のメーカーでだいたい24cmでちょうど良かったので、24cmを注文したのですが、結構大きめでした。23.5で良かったかもしれません。

履いてみたところ、まさにジャストサイズでした。25.0cmだとつま先の空間が余ることになっていた気がします。(ソールを入れれば解決できる問題ですけどね。)

なので、このシリーズを買う人は普段のスニーカーより0.5cm〜1cmほど小さめがオススメジャストサイズを買ってソールで調整するのがオススメです。念のため、店頭で試着するか、履いても返品できる通販サイトで買うようにしましょう。

(2017.4.17追記)キャンパス素材でジャストサイズの靴は、長時間履くと足が痛くなってきます。なので、多少大きめのものを買っておき、インソール(数百円で買えます)で調整するほうが快適に履けると思います。

シーンを選ばず活躍してくれる一足

履き心地はもちろんGoodです。足の甲側の生地も薄く柔らかめなので、適切なサイズを選べば足への負担も少なそう。天気が良い日にはこういうスニーカーでお出かけしたいものですね。

この靴のオススメをもう一つ。他の人とカブりません笑。買って2年経ちますが、今まで一度も同じスニーカーを履いている人に出会ったことがありません。(気づいていないだけ・・・?)

一足あればいろんな場面で活躍してくれると思います。ぜひ一足どうぞ。