こてつのブログ

家電・ガジェットレビューをメインに役立つ情報をお届けします。

読書・マンガ

映画化間違いなし!『早稲田出ててもバカはバカ』の破天荒ストーリーが面白すぎてヤバい。

投稿日:

image

「早稲田」と「バカ」という組合せからして刺激的なこの本、タイトルのインパクト勝負かと思いきや、中身が濃厚でオマケにぶっとんでいて異常に面白い。

話の展開としては、いきなりのどん底スタート。新卒で入社したインターネット系企業が実はキャバクラ経営の会社だということが判明、そこから著者のブラック人生が始まるのです。

早稲田という学歴を持ちながらも繁華街でキャバ嬢を勧誘しながら店長としてお店の運営を続ける日々。普通の人が見たら、というかほどんどの人からすると「人生に失敗した」ように見えるでしょう。

ところが、この本を最後まで読むと、必ずしもこれが失敗だとは言えないということが分かるでしょう。

詳細についてはぜひ本でチェックしてもらいたいところですが、いくら良い大学を卒業していたとしても、世の中で生き抜いていく力が身につくとは限りません。

酸いも甘いも含めて、とにかく多くのことを経験してみること。そして、失敗して、考えて、工夫して、ひたすらに努力する。それを地道にやっていく人が最後に生き残っていくわけで。

自分より明らかに学歴であったりリテラシーが下の人のほうが物知りだったり役に立つことを知っていることって、よくありますよね。それこそまさに「早稲田を出ててもバカはバカ」ということなのですよ。

私自身も国立大学を卒業しているので、世の中で言えば高学歴の部類には入ると思いますが、学歴でいえばずっと下の人よりも知らないことがあまりにも多く、恥ずかしい思いをすることが多くあります。生きる知恵であったり、そもそも経験が圧倒的に足りないんだと思います。

こういうことに気がつくのって、下手な自己啓発書を数多く読むよりもずっと刺激的で、自分のためになるんじゃないかなと。今まで無難に仕事をこなしてきた人にこそぜひ読んでもらいたい本ですね。ガツンときますよ、これは。


早稲田出ててもバカはバカ

おまけ情報になりますが、この本はAmazonプライム会員かつKindle本体を持っている人なら無料で読むことができます。読書好きの人であれば半年ほどで元が取れます。この機会に1台買っておくと良いでしょう。


Kindle Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でこてつをフォローしよう!

-読書・マンガ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

「How Google Works」には会社づくりのエッセンスが詰まっている

Googleの働き方といえば自由でクリエイティブというイメージが真っ先に浮かびます。エンジニアにとって最高の職場として、各種メディアでもよく紹介されていますが、実際に本として書かれた本はあまり見たこと …

心に刺さるマンガ「おやこっこ」はもっと売れるべき作品

偶然見つけた傑作マンガ。予想はしていましたが、見事に泣かされました。 マンガの内容 父子の物語と言えば重松清の「とんび」が有名ですが、本作と違うのは父子の関係性。同じ著者の「流星ワゴン」の関係を知って …

no image

旅に出たくなる。本当の”旅物語”とはこういうものだ!/沢木耕太郎「深夜特急」全6巻

“旅に出てみたい” 正直、本を読んでここまで「旅」に行きたくなるなんて、思わなかった。主人公が貯めたお金を使いながら、アジアをはじめとする国々を旅する話なのだけど、とにかくリア …

うすた京介の新連載マンガ「フードファイタータベル」が面白すぎる!

こんばんは、@TEPKODEです。 新作マンガで面白そうなのがないか調べていたのですが、何とあの「うすた京介」の名前が入った新作があるじゃないですか! フードファイタータベル 1 (ジャンプコミックス …

マンガ「五色の舟」を読んだら何とも言えない気分になった

Kindleのセール作品にあったのでポチってみたこのマンガ、何とも不思議な作品でした。 単純に「面白い」とか「泣ける」とかでは表現できないのですよね。。。とはいえこれだけでは全くわからないと思うので、 …

こてつ(@tepkode

広島生まれ。岡山在住のサラリーマンブロガー。ガジェット・Web・アプリなどITモノをメインに、時事ネタやオピニオン発信などを行っています。プロフィール詳細や各種お問い合わせはこちらまで。