【レビュー】『パズクエ』をやってみた。リリースタイミングが良ければ売れてたかも。

▼この記事をシェアする

image

パズルゲームは毎週のように新作がリリースされますねぇ。完全にレッドオーシャンです。そんな中、グリー(Wright Flyer Studios)が新しくリリースした『パズクエ』が良さそうだったので早速プレーしてみました。

タワーディフェンス +パズルアクションなゲーム

ゲームのモデルはよくあるパターン。敵から陣地や味方を守るというタワーディフェンス要素と、パズドラのようにブロックを組み合わせその連鎖の数で敵にダメージを与えるというパズル要素の組み合わせ。

画面上部から敵が降りてくるので、下部にいるキャラクターを上手く出撃させ、やっつけるという流れ。敵やキャラクターには属性のようなものがセットされており、相性の良し/悪しによってステージクリアの難易度が変わってきます。

image

ごちゃ混ぜだけどバランスはGood

巷で流行っている要素を「これでもか!」と言わんばかりに詰め込んだ感がある内容で、正直なところ目新しさは全くありません。ただ、パッケージングが上手なのかゴチャゴチャ感をあまり感じません。なのでプレーしてみると普通に面白い。のめり込み度も高く、プレイしてるとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

image

キャンディクラッシュやLINE系のゲームでお馴染みのスコアとランキング。この機能を入れると入れないでは、ゲームを遊ぶモチベーションが大きく変わってくるんですよねぇ。

完成度高し。悪かったのはタイミングだけ

じゃあ完璧だねとなりそうですが、残念な点が2つあります。あまりにも目立たないゲームだと言うことと、リリースのタイミングが悪すぎたということ。

ランキングをみるとわかるかもしれませんが、今はオンラインRPGが人気。ログレスが売れていたり、先日もメビウスFFが登場していきなりランキング上位に食い込むあたり、このジャンルが熱いと言えそうです。

一方でパズルゲームの分野は少し落ち着いて来て、勝ち組がハッキリと分かれているように思います。もう数ヶ月早めに出ていれば少しはランキングに食い込むことができていたかも…と思うと、少し切ないですね。ゲームの世界は難しい。

とはいえ、このゲーム自体はめちゃくちゃ楽しいので、ぜひやってみてください。移動時間や休憩時間でプレイするといい息抜きになると思います。

スポンサーリンク