【レビュー】単語をつなげるパズルゲーム『Alphabetty Saga』は難易度が高くてハマり度高し。

キャンディクラッシュ、キャンディソーダと中毒ゲームを次々と出しているKingの新作『AlphaBetty Saga』を早速プレイしてみました。

image

今までの「サーガ」シリーズと、基本的な進め方は同じ。パズルを解いて、ステージを次々と進めていくという流れ。Facebookログインしていれば、友達がどこまで進んでいるかわかるところも同じ。

image

今回のゲームの最大の特徴は、ブロックを繋げて「アルファベットを作る」というシステム。単純に3つ4つのブロックを繋げるだけではダメなので、めちゃめちゃ頭を使います。

この画面を見て、どのくらい英単語が頭に浮かびますか?英単語が全く浮かばない人はまず英語の勉強が必要という残酷なシステムなのです(笑)

image

後何ターンでクリアしないといけないか、という逆算思考が試されるのはもちろんですが、それ以上に語彙力が求められるという点では、クロスワードパズルをやっている感覚に近いかもしれません。

もちろん簡単な単語だけ使ってクリアをしていくことも可能ですが、それだと高得点が取れない上、戦略的にパズルをクリアしていくことができません。

これがハマるポイント。そこそこ英語に自身がある人だとかなり脳みそを使うことになって、これがまた爽快なんですよ。適度な難易度のゲームのハマり具合は恐ろしいものがあります。

というわけで、パズルゲームファンにとってはたまらない作品なので、ぜひプレイしてみてください。