20年間愛される理由は”接客”にあり。三鷹の居酒屋「馳走屋」で素敵な時間を過ごしてきた。

通いたくなるお店かどうかのポイントは、やっぱり接客なんだと思うのです。

三鷹で20年続く居酒屋「馳走屋」

いつも人がたくさん入っていて「雰囲気良さそうだなー」と思っていたこのお店、先日ようやく行くことができました。

常連客とぶらっと立ち寄った人も落ち着いて過ごせそうな、雰囲気のある店内。若い人よりは大人向けのお店かもしれません。

まあ、とりあえず乾杯と行きますか。

季節限定メニューとしてショコラスタウトという変わったビールがあったので注文してみました。ショコラというのは味ではなくて色から来ている名前のようです。

一口飲むだけでわかるその濃厚な味は、普段飲むビールとは全く別物。美味い。ベルギービールが好きな人だとかなりハマるんじゃないでしょうか。

Jpeg

ショコラスタウト

料理の方も、一つ一つ丁寧で美味しいのです。このサラダも、酸味のあるドレッシングと新鮮な野菜がマッチしてモリモリ食べられそう。

Jpeg

酸味のあるドレッシングが特徴的なサラダ

辛い料理、大好きなんですよ。特に、こういう典型的な居酒屋メニューは、ついつい注文しちゃいますよね。手羽先に関しては、ごくごく普通。

Jpeg

ピリ辛の手羽先

アスパラを豚肉で包んで焼いたこの料理、名前が「包容力のある豚」というらしい。食レポでおなじみの石ちゃんが番組でこのお店に来た際、そう名付けたのだとか。

お味はというと、豚肉のガッツリさとアスパラガスの甘みがバランス取れていて美味しい。家でも作ってみたい一品かも。味付けも大根をベースとしたソースなので、後味サッパリ。

Jpeg

「包容力のある豚」という変わった名前の料理

そして何よりも”接客”が素晴らしい!

このお店で何が素晴らしいかというと、紳士的で丁寧な接客です。私が東京に来て数年経ちますが、普通の居酒屋さんでここまで気持ちの良い接客を受けたのは久しぶりです。阿佐ヶ谷の鶏丸以来かも。

こういうお店だからこそ、回転の早い飲食店で20年も続いてきているのでしょうね。また、ふらっと立ち寄ってみたいと思えるお店でした。

馳走屋 三鷹(ホットペッパー)