濃厚な旨味とスパイスの刺激が食欲をそそる!下北沢「パンニャ」のチキンカレー

▼この記事をシェアする

久しぶりの下北沢。用事はないのですがブラッと立ち寄ってカレーを食べてきました。

松尾貴史が経営する本格的カレー屋

食べログを見ていて偶然目にとまったこのお店、下北沢駅から10分〜15分ほど歩いた住宅街の中にあります。

お店に着いたのは14時前。お昼時は過ぎていましたが、少し並ぶことに。この日は風が吹いてて涼しかったですが、夏場に外で並ぶとなると結構ツラいかも。

話が少し逸れてしまいましたが、ここは俳優の松尾貴史氏が経営するカレー屋であることでも有名らしいです。公式Webサイトにはこんな写真も。

image

カレーへのこだわりはとても強いようです。開店のご挨拶を読むだけでもその辺りはヒシヒシと伝わってきます。

予想をはるかに超える美味しさ

全ての店がそうだとは言いませんが、ぶっちゃけ、芸能人が経営するお店って値段が高いだけで料理の味はイマイチというところがほとんどだったりするんですよね。

そういう前提があるので、正直なところここのカレーにもあまり期待はしていませんでした。が、良い意味で期待を裏切られました。このパターンは久しぶりかも。

image

注文したのは辛口のチキンカレー。チキンがたっぷり入っているだけでもテンションがあがるのですが、それ以上にルーがめちゃくちゃ美味いのです。

サラサラのルーで見た目はスープカレーみたいですが、味は濃厚でしっかりとしたカレーに仕上がっています。スパイスと野菜の味がしっかりと溶け込んでいて、ご飯がどんどん進む。

私の中で一つだけ失敗したと思ったのは、辛口を注文してしまったこと。美味しいのですが、めちゃくちゃ辛いです。汗が吹き出てきます。なので、夏場に食べるのはおすすめしません。

店舗オペレーションは改善の余地あり

こんな美味しいカレー屋なのですが、正直なところ、店舗オペレーションの効率の悪さでかなり損をしているなと感じました。もともと広くないお店なので、レイアウトを工夫しないことには店員さんが配膳をしたり、会計を済ませるのにとても時間がかかるのです。

なので、店内レイアウトを見直すべきだと思うのです。キッチンを広くして2人が同時に調理できるようにしつつ、その分カウンター席を広げる。そしてカウンター外の座席は全てなくす。

そうすることでお店の回転効率は相当良くなるんじゃないかなと。ゆったりとした雰囲気のお店とはいえ、お客さんを待たせる時間がないに越したことはありませんからね。いい案だと思うんですが、どうでしょうか。

というわけで、行くなら土日を避けるかお昼前の空いている時間に行ったほうが良いと思います。美味しいのは間違いないので、お近くの方はぜひ立ち寄ってみて下さいませ。

パンニャ(PANNYA)公式サイト

ちなみに松尾氏はこういった変わったカレーの監修も手がけるほどのカレー好きらしいです。気になるかたはこちらも合わせてチェックしてると良いでしょう。

スポンサーリンク