星野リゾートの採用指針「喫煙者は採用しない」が話題になっている件

ネット上で、星野リゾートの採用ページが話題になっています。

「喫煙の有無」を確認するという採用指針

image

採用ページに進もうとすると、この強烈な質問が出てきます。もちろん、答えないと応募ページには進めません。

「ここまでやるのか」という声もありますが、星野リゾートでは喫煙者を採用しないという採用指針があり、それにマッチしない人は最初から応募できないというだけですからね。

image

もちろんタバコを断てば応募は可能です。単純明快で素晴らしいと思うのですが、どうでしょうか。人によってはブラック企業に見えるかもしれませんが。

喫煙は企業競争力に直結した課題

image

ここの部分が喫煙者の反発を買っているわけですが、、喫煙が会社の生産性を下がるということ。この部分が喫煙者と非喫煙者でいつまでも相容れないポイントなんですよね。

いずれにしろ、世界的な流れからみても、喫煙者が優遇される時代はやって来ません。なので、なるべく早く思く止めるのが得策でしょうね。禁煙したということがプラスイメージにもなりますし。

星野リゾートの件はあくまで応募時点での話ではありますが、その企業でも、内々の採用基準として喫煙の有無を持っている企業は間違いなくあるでしょう。

ちなみに私の職場がある港区は、繁華街の六本木があるからか喫煙者をよく見かけるんですよ。もうそんな時代じゃないのになぁ。