AWAやLINE MUSICは今すぐ止めて「Apple Music」を使うべき理由

日本でもリリースされたApple Music、早速話題になっています。

スクリーンショット 2015-07-02 8.56.35

日本における音楽ストリーミングサービスではAWAとLINE MUSICが一歩選考していますが、Apple Musicがあればこれらを使う必要が無くなってしまうのですよね。その理由を書いてみたいと思います。

オフライン保存が可能!

スクリーンショット 2015-07-02 9.01.47

Apple Musicのメンバーシップ説明のページにさり気なく書かれていますが、個人的にはこれが一番すごいと思います。

ストリーミングサービスがイマイチ流行らないのは、通信が途切れると音も途切れるからという理由もあると思うんですよね。だからみんなレンタルで聞きたいアルバムを借りてオフラインで聞く。

音楽をオフラインで聴くにはiTunes Storeで買うかCDレンタルぐらいしかなかったところ、このApple Musicを使えばレンタルとほぼ同じことができるようになりますからね。月に3枚くらい借りる人であれば十分にもとは取れます。なにせ、聴きたい放題ですから。

AppleなのにまさかのAndroid対応!

Androidユーザーの私は、対象端末はiOS端末だけだろなと思っていたのですが、なんと秋を目処にAndroidも対応予定とのこと。

スクリーンショット 2015-07-02 9.13.10

端末、OS、サービスの垂直統合を得意とするAppleがこの戦略をとってきたということは、それほどこの市場が巨大であることの裏返しかもしれません。ユーザーにとっては嬉しいばかり。PCで使いつつ対応を待つのが良いでしょう。

家族間でサービスを共有できる

ファミリーメンバーシップ(1,480円/月)に加入すれば、端末6台までサービスを共有できちゃうのです。大盤振る舞いすぎでしょ。

子どもがいる家庭だと、PC1台+タブレット1台+スマホ4台といった振り分けが妥当でしょう。大人と子どもで聴きたい曲は違うはず。CDレンタルだとその分借りる枚数が増えていましたが、その心配すら不要ということになります。すごくないですか?

3か月間無料なのでまずは試してみよう

これらを見ると、AWAやLINE MUSIC使う理由が無くなってしまうのですよね。しいて言うならAndroid版が出るまでのつなぎとして使うならアリかもね、というぐらい。

ということで、特に理由がない人はApple Musicをぜひ使ってみましょう。今だと3ヶ月間無料で使えるので、あまり使わないようだと3ヶ月目に解約してしまえばOKですし。

利用者が増えていくると無料期間が短くなってくる可能性もあるので、今のうちに登録しておきましょう。3ヶ月も使えばこのサービスが手放せなくなるでしょう。

▼「Apple Music」詳細はこちら▼

スポンサーリンク