「Hulu」の勢いがすごい!ケーブルテレビやスカパーを飲み込む日も近い?

▼この記事をシェアする

「Hulu」トップページ

我が家でも愛用しているHuluですが、気になるリサーチ結果が発表されていました。

Huluをパソコンからではなく、友達や家族と一緒にリビングのテレビから視聴する人が増えている(TechChrunch)

1人がスマホやタブレットを複数台持っている状況でも「動画を見るならリビングで見よう」と考える人が多いというのは不思議ではあります。結局は、誰かと見たほうが楽しいということなんでしょうか。そういう本質的なものが原因だとすると、日本でも同じ状況になっていくのでしょうね。

コストの問題でHuluやNetflixに乗り換える人が多いと書かれていますが、日本でも同じ流れになるでしょう。日本でもケーブルテレビやスカパーを契約すると月に数千円かかります。まあ、ネットがつながっていて追加で毎月1000円で動画が見放題なら、そっちのほうを選びますよね。

Huluは低価格を売りにして、ジワジワと日本市場を拡大してきました。特に日本テレビがHulu Japanを買収してからの成長とコンテンツ充実っぷりがすごい。このまま行けば、Huluがリビングを制する日も遠くない気がします。

マルチデバイスに対応済みというのも大きい。スマートフォンやタブレット、PCだけではなく、Apple TV、NEXUS Player、Fire TV、各種ゲーム機に対応しています。

すでに持っている端末を使えばいいので、サービスを使うにあたってのハードルがグッと下がるわけです。専用チューナー買ったりとかアンテナ設置とか面倒なのは一切なし。

今年は「動画元年」というふうによく言われますが、実はこういうスマートフォン以外の場所では、新しい動きがすでに始まっているのかもしれません。

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

スポンサーリンク