必要なのは太陽光だけ。アウトドアや災害時に役立つ『RAVPower ソーラーチャージャー』を使ってみた

▼この記事をシェアする

前々から気になっていたRAVPowerのソーラーチャージャーをついに購入しました!正直なところ、太陽光だけでこんなに充電できるものとは思っていませんでした…。

太陽光とソーラーパネルを使ったエコ充電システム

最近では持ち運びができるサイズのものがたくさんあってどれを買うか悩みましたが、レビュー評価の高さと価格の安さが飛び抜けていたこれに決定。

箱を持つとずっしりと重く、サイズもiPadほどあるので、毎日持ち歩くのはちょっとしんどいかもしれませんね。普段は自宅に置いておき、いざとなったら使うといった感じでしょうか。

image

説明書とロックするためのキーホルダーが入っていました。旅行の時にリュックに装着すれば移動しながら充電も可能!とはいえこの時期にそれをやると死んでしまいそうですが(笑)。

image

マジックテープを剥がして折りたたんであるパネルを開くと、中には3枚のソーラーパネルと出力用のUSBコネクタが2口装備されています。

USBコネクタの収納部分には、操作方法と注意事項が英語で書かれているので、いざ使い方を忘れた場合でも問題なし。

ちなみにこのUSBコネクタ、2つとも同じものかと思いきや出力が違っていて、片方が1Aでもう片方が2A。接続先のデバイスが対応していない場合もあるのでご注意を。

image

太陽光充電とは思えないほど早い充電スピード!

早速日当たりの良い場所に置いて充電してみました。光が反射していて見えにくいですが、バッテリー残量は5%です。ここからしばらく放置しておいた結果・・・

あっという間に充電できた!

30分後には20%まで回復して、4時間後には既に100%まで回復していました。恐るべし太陽エネルギー・・・。iPhoneのバッテリー容量が少めとはいえこれだけできれば十分ですね。

image

災害時には重宝すること間違いなし

災害が起こった時のために水や食料を用意している人は多いと思いますが、その次に大切な”電気”を確保している人って、まだまだ少ないのではないでしょうか。関東に大地震が来たとすると真っ先に無くなるのが電気だと思うんですよね・・・。

スマホの充電切れのためモバイルバッテリーを持っている人は多いと思いますが、使いきってしまったらその時点でアウトですからね。そういう点で、これだけ発電できるチャージャーがあればいざという時かなり役立つのではないでしょうか。

2口を使った同時充電できるので、例えば家族のスマホを同時に2台充電もできるし、モバイルバッテリーとスマホの同時充電といった使い方もできます。今のように暑い時だと、USB扇風機をつないで動かすことも可能。

私が使っているバッテリーはAnker製ですが、RAVPowerのモバイルバッテリーだとチャージャーとの相性が良いのかも。

個人的にやってみたいのは、ソーラーチャージャー+モバイルバッテリー+Windowsタブレット+車を使ってのノマドワーク。太陽光だけで仕事環境が作れる時代になってきたかと思うとワクワクしますねぇ。

スポンサーリンク