又吉直樹『火花』は佳作だけど傑作ではない。

▼この記事をシェアする

image

お笑い芸人初の芥川賞受賞になったピース又吉直樹の作品。今さら感はありますが、読んでみました。

あらすじは以下引用文の通り。お笑い芸人である又吉さんの実体験も数多く含まれているのでしょう。

お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。彼らの人生はどう変転していくのか。人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ!「文學界」を史上初の大増刷に導いた話題作

で、読んでみた感想です。

本をたくさん読んできた人の文章だなあというのが第一印象です。読書好きで知られる又吉さんは、文豪の作品から流行りのものまで数多く読んでいるはず。その中でも文豪の作品から強く影響を受けたんだろうなと感じました。

面白いか面白くないかと言えば、面白いです。ただ、他の作家の作品に比べてめちゃくちゃ面白かったり、ここが特徴的というものはあまり無かったです。なので、芥川賞を取ったとはいえど、傑作ではなくあくまで佳作であると思います。

同じく芸人が書いた本で有名なのは、劇団ひとりの「陰日向に咲く」あたりでしょうか。個人的にはこっちのほうが好きです。荒削りですが、個性あふれる内容ですし、読後感もいい。

とはいえ作家としての能力はとても高い人だと思うので、個人的には注目度が少し下がる次回作のほうが、又吉直樹らしい作品が出てくるんじゃないかと思っています。ということで次回作、期待しております。

スポンサーリンク