こてつのブログ

家電・ガジェットレビューをメインに役立つ情報をお届けします。

読書・マンガ

又吉直樹『火花』は佳作だけど傑作ではない。

投稿日:

image

お笑い芸人初の芥川賞受賞になったピース又吉直樹の作品。今さら感はありますが、読んでみました。

あらすじは以下引用文の通り。お笑い芸人である又吉さんの実体験も数多く含まれているのでしょう。

お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。彼らの人生はどう変転していくのか。人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ!「文學界」を史上初の大増刷に導いた話題作

で、読んでみた感想です。

本をたくさん読んできた人の文章だなあというのが第一印象です。読書好きで知られる又吉さんは、文豪の作品から流行りのものまで数多く読んでいるはず。その中でも文豪の作品から強く影響を受けたんだろうなと感じました。

面白いか面白くないかと言えば、面白いです。ただ、他の作家の作品に比べてめちゃくちゃ面白かったり、ここが特徴的というものはあまり無かったです。なので、芥川賞を取ったとはいえど、傑作ではなくあくまで佳作であると思います。

同じく芸人が書いた本で有名なのは、劇団ひとりの「陰日向に咲く」あたりでしょうか。個人的にはこっちのほうが好きです。荒削りですが、個性あふれる内容ですし、読後感もいい。

とはいえ作家としての能力はとても高い人だと思うので、個人的には注目度が少し下がる次回作のほうが、又吉直樹らしい作品が出てくるんじゃないかと思っています。ということで次回作、期待しております。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でこてつをフォローしよう!

-読書・マンガ
-, ,

執筆者:

関連記事

「断捨離」に大事なのは、”何を捨てたか”よりも”どのように生活が変わったか”だと思う。

話題の本「必要十分生活」を読んでみました。 うーん、微妙すぎる。どうしても読みたい人はKindle版か中古本を買えば充分かなぁ。そう思った理由がいくつかあります。 必要十分生活~少ないモノで気分爽快に …

【少しネタバレ】七つの大罪 16巻も安定の面白さ!十戒と魔神の動きはいかに?

以前も紹介したマンガ「七つの大罪」ですが、最新巻も変わらず面白かったので改めてご紹介。多少ネタバレ入っているので、これから読む人はご注意を。 恐怖!十戒と魔神族の復活 前巻の最後、復活した十戒によって …

『いきなりニューヨークで面接しろと言われても、困ります』ー読み始めると止まらない爽快金融ストーリー!

広瀬隆雄(@hirosetakao )氏といえば、以前ホリエモン(@takapon_jp)とネット上でバトルを繰り広げていて、最初は「誰だこの人?」という位の認識でしかありませんでした。ところが、ブロ …

【書評】強い組織と圧倒的な成果に直結するヒントがここにーー三木谷浩史「成功のコンセプト」

日本の中で「楽天」という会社を知らない人はほとんどいないでしょう。楽天市場で大成功を収め、球団も持ち、新しい事業にも次々と取り組む。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの同社は今後も変わること無く続くでしょう。 …

「2035年の世界」には未来を読み解くキーワードが詰まっている

高城剛氏の新しい著書を読んでみました。 この手の未来予想本は基本的には信用していませんが、この人の場合は別。なぜならメールマガジンや黒本白本を通して、「人の半歩先を進んでいる人だ」ということが感覚的に …

こてつ(@tepkode

広島生まれ。岡山在住のサラリーマンブロガー。ガジェット・Web・アプリなどITモノをメインに、時事ネタやオピニオン発信などを行っています。プロフィール詳細や各種お問い合わせはこちらまで。