パクり騒動は佐野研二郎氏から森本千絵氏にも飛び火…。他の博報堂出身アートディレクターは大丈夫?

▼この記事をシェアする

佐野氏デザインのトートバッグは一部中止に

佐野研二郎氏がデザインをパクっているという疑惑は確信に変わったようです。

サントリーのトートバッグプレゼントのうち、一部デザインのトートバッグ配布を中止するらしい。デザイン事務所からもこのような発表が出されています。

博報堂出身デザイナーである森本千絵氏にも飛び火

そしてこの騒動、同じく元博報堂のデザイナーである森本千絵氏にも飛び火して激しく炎上しているようです。ロゴ疑惑の時に擁護してただけに、燃え方も激しい。

佐野氏擁護の森本千絵氏にも「盗用」の指摘 ユーミンのアルバムジャケットなどがやり玉に(J-CAST 2015/08/14)

佐野氏側は妻が登場。「本人は監修だけ。デザインは部下がやった。」という痛々しいコメントが出てきましたが、フォローになっていないどころかむしろ逆効果なのではという内容でした。

この手の話は一度ボロが出ると次々に出てくるものなので、また新しい疑惑が出てきた後、最終的にはロゴの白紙撤回になるんじゃないでしょうか。今後のことを考えると今のうちに身を引いたほうがいいと思いますが。

一方で当初から佐野氏を用語していた森本氏はというと、ツイッターで絡んでくる輩をブロックするだけで、公式にコメントを出してはいません。こういう時はいかに早くコメントするかが重要だと思うんですけどね。。。

佐野氏関連の疑惑が次々と登場

ここで一旦落ち着くかと思いきや、落ち着かないのが凄いところ。ネット上では、佐村河内、小保方に続く逸材とすら呼ばれ始めていますからね。

1日1件を超えるペース。。。

佐野研二郎氏デザインのマーク、東山動植物園が調査に乗り出す(ハフィントンポスト 2015/08/18)

市が佐野氏デザインのロゴ調査 建設中の「おおたBITO」 (上毛新聞ニュース 2015/08/18)

疑惑が出てくる時点でアレなのですが、こういう風に外国から訴えられる件数が増えてくると本格的に危なくなると思うんですよねぇ。

訴訟ラッシュも? 傷だらけの「五輪エンブレム」撤回秒読みか(Livedoor news 2015/08/18)

博報堂のブランドイメージが確実に下がってきている

この二人がうまく騒動を収束させないと、次は「元博報堂のアートディレクター/デザイナー」というだけで疑いを持たれると思うんですよ。

さらにエスカレートすると「デザイナーってコピペ職人でもなれるんだ」というイメージを持たれるようになる。なので、今まで普通に発注してきたお客さんからのチェックが今以上に厳しくなるっていうケースも十分起こりうる話です。

もちろんデザイナー側の負担も増えます。これだけ不信感が増している状況なので、著作権チェックも今までより厳しくせざるを得ません。この作業ってかなり手間がかかるので、小さいデザイン事務所だと本当にキツイのでは。

そして他に大きく影響を受けるとすると、彼らと同じ博報堂出身のアートディレクター。大企業だけあって、出身者にも有名な方がたくさんいます。

  • 泉屋政昭
  • 大貫卓也
  • 笠井修二
  • 佐藤可士和
  • 手島領
  • 金子敦
  • 後智仁

これらの方にとって今回の騒動は本当に迷惑な話。正直なところ営業活動に支障が出ている人もいると思うんですよね。

これからもアップデートが続くと思うので引き続きチェックしていきたいと思います。

スポンサーリンク