本当にお得?フィットネス通い放題サービスのメリットとデメリットまとめ

▼この記事をシェアする

最近になって月額◯◯円で都内近郊のフィットネスが通い放題になるというサービスをよく見かけるようになりました。

私も運動不足が気になっていたので、ジムを探すついでにこれらのサービスについて、メリットやデメリットを含めて調べてみました。用途によっては便利なサービスだと思うので、ぜひ参考にして下さい。

フィットネス通い放題サービスの特徴

1.料金は月額定額料金

フィットネスの支払い方法も基本は月額定額制ですが、使う時間帯によって料金が違っていたりスタジオレッスンを受けると追加料金が発生したりと意外と複雑だったりします。この通い放題サービスだと毎月1万円ほど払うだけでOK。

2.提携先フィットネスであればどこでも利用可能

これが最大の特徴ですね。都内近郊に限定されますが、数百もある提携先から好きなところを選んで利用することが可能です。大手フィットネスだと他店舗でも利用できたりしますが、数が圧倒的に違いますからね。

3.スマートフォンで簡単に予約可能

これは便利ですね。フィットネス予約って意外とアナログなんですよね。店舗の受付だったり電話で予約しないといけないと、会社勤めしている人にはやりづらかったりしますからね。使い放題のサービスは基本どれもスマートフォンから簡単に予約できます。

通い放題サービス一覧

海外だとCLASSPASSが圧倒的に有名ですが、それを受けて日本でも少しづつ参入する会社が増えてきました。まだ数は少ないですが今後ますます増えていくと思われます。

SATURDAYS

スクリーンショット 2015-08-15 10.59.08

基本情報

  • サービス開始:2015年1月
  • 提供会社:株式会社Saturdays
  • 料金:9,800円/月
  • 提携施設数:200以上
  • URL:http://saturdays.jp/

ClassFit

スクリーンショット 2015-08-15 10.59.24

基本情報

  • サービス開始:2015年3月
  • 提供会社:株式会社ラ・クレタ
  • 料金:9,900円/月
  • 提携施設数:都内20以上
  • URL:http://classfit.net/

Lespas

スクリーンショット 2015-08-15 10.59.48

基本情報

  • サービス開始:2015年4月
  • 提供会社:株式会社レッスンパス
  • 料金:9,800円/月
  • 提携施設数:首都圏200以上
  • URL:https://lespas.jp/

メリットとデメリット

メリット

何と言っても定額でフィットネスが使い放題という点。普段から色んなアクティビティをしていたり、体を動かすことを趣味にしている人だとすぐに元は取れるはず。

デメリット

一方でデメリットもあります。自分が普段行動する範囲に提携している店舗が無い、もしくは少ない場合は確実に損すると思われます。遠出して通い始めると楽しさよりも義務感が出てきて楽しくなくなってくるんですよ。

所感

海外発のサービスなので、日本人に合うかどうかはこれからといったところ。今見ている限りだと、山手線より内側に住んでいる人であれば使うメリットがありそうですが、そうじゃない人は月額料金分の元が取れず退会してしまうだろうなと。

そして、このサービスはレッスンの空き枠管理方法がとても重要。1店舗に2つのサービスを取り入れると管理が面倒なので、最初は試してもいずれは予約率の高い方だけを使うようになると思うんです。今見ている中では、ClassFitが生き残りそうです。

勝手な意見ですが、希望している曜日と時間帯を決めておけば、そこへ自動的にレッスンを提案してくれるリコメンド機能があればもう少し使う人が増えるかもなーと思いました。少なくともサポーター的な人が欲しい。

最終的にフィットネスやジムは結果が出てこないと続かないので、こういう人が必要なんだと思うんですよねー。結果にコミットするRIZAPしかり。

ものぐさな私は、これで十分かな(笑)

スポンサーリンク