ファーストリテイリングが週休3日制の導入へ。これから企業が必要なのは「働き方の多様性」を受け入れる柔軟さ。

働き方の概念が変わりつつあります。こういう働き方を大企業が率先して始めるのは素晴らしいですね!

ファストリ、週休3日制導入 地方の正社員1万人対象(日本経済新聞 電子版 2015/8/20)

(前略)ファストリでは、まず傘下のカジュアル衣料品店「ユニクロ」で導入する。国内の約840店で働く転勤のない「地域正社員」約1万人のうち、本人が希望すれば週休3日を選べる。各店舗が工夫し販売を増やすため、地域に根ざした社員を現在の約1万人から1万6000人に増やす計画で、新制度が採用増につながるとみている。

1日8時間の勤務時間を10時間に延ばすため、1週間あたりの給与水準は変わらない。1日8時間の法定労働時間の適用を受けない「変形労働時間制」という制度を活用する。また、店がにぎわう土曜日と日曜日には出勤してもらい、平日に休んでもらうようにする。勤務時間帯や曜日の調整といった管理業務の手間は大幅に増えるが、現場社員の希望と混雑時の人手の安定確保を両立できる利点は大きいと判断した。(後略)

参照:http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ19HPS_Z10C15A8MM8000/

週休2日、1日8時間労働はもう辞めよう

いかに少ない時間で、どうやって最大の成果を出せるか。月曜から金曜まで毎日8時間決まったように働いていても、無理だと思うんです。それぞれパフォーマンスを発揮できる時間帯やバイオリズムみたいなものは違うわけですし。

まあ、1日8時間労働という考え方もはるか昔から続いているものなので、今の時代に合わないのも当然と言えば当然ですね。この辺りをわかりやすく書いた記事があったので参考まで。

8時間労働が誕生した経緯と労働時間を短縮すべき理由(Gigazine)

企業はもっと本気になってこの問題は追求していくべきだと思うんです。今回ファーストリテイリングが導入した週休3日制とか、他の会社も即採用すればいいと思うんですがやらないんでしょうかね。エンジニアやデザイナーにはピッタリの制度だと思いますし。

週の前半はやる気が出なかったけど週の後半でやる気が出て一気に仕上げる、なんてことはよくある話ですからねー。わりと本気で思っているんですが、生産性を高めようと思ったら自分のペースで仕事をするに尽きますよ。

新しい働き方を提唱する代表的な日本企業

▼リクルート

先日、全社員を対象とする上限日数なしの在宅勤務制度をスタートしたことが話題となりました。やっぱり働き方に関わるムーブメントはこれからもここが起こしていくんでしょうか。

リクルートグループはリクナビNEXTなどで積極的に採用をしているので、働き方を変えたい人は一度チェックしてみては。それにしても給料高いなここ・・・。

▼日産自動車

自動車メーカーには「古い働き方」というイメージがあったので驚きです。上限40時間を目安として在宅勤務ができる制度を導入。成長にはこういう制度が必要だと判断したとのこと。

ライバルのトヨタ自動車も、1歳未満の子供を持つ社員を対象に、週1日最低2時間出社すれば、残りは終日在宅で勤務できる制度を導入したとのこと。

より成長を望む会社には必要な制度ということなのでしょう。

▼KAIZEN platform

リモートワークで仕事をする仕組みを作り上げていて、中には沖縄に旅行をしながら仕事をしているメンバーもいるほど。スクーの授業を見るとイメージしやすいかもしれません。

他には、1日6時間勤務のスタートトゥデイなどもそうですよね。挙げていくとキリがありませんが、柔軟な働き方が企業の成長には欠かせないということがわかっているところは既に制度化しています。

とはいえ、在宅勤務どころかリモートワークすら出来ない企業の方が圧倒的に多いです。自分の勤務先がそういう制度を導入するのを待つのもありですが、いっその事これらの企業に飛び込んでみるのも良さそうです。

 

KAIZEN platformであればWantedlyでちょくちょく募集しているのを見かけます。具体的な年収は書かれていませんが、知り合いの話によるとリクルートに負けず劣らずな感じです。

まとめ

僕が「働き方」を強く意識し始めたのは、この本に出会ってから。先進的な働き方のように思いましたが、今となっては正しかったんだなと思います。

本当に効率的で、夢中になれる働き方とはどういうものなのかをイメージできるこの本。今でもまだ色あせません。ぜひ読んでみて下さい。