こてつのブログ

家電・ガジェットレビューをメインに役立つ情報をお届けします。

読書・マンガ

輪廻転生がテーマのマンガ「懲役339年」が面白い。4巻完結なので気軽に読めます。

投稿日:2015/08/24 更新日:

軽快な見た目と違って内容はかなりヘビーなマンガですが、名作です。この強烈な世界観とストーリーをマンガで表現できるのはすごい。

懲役339年を背負う”複数の”人生

“教典”に記された神の教えを真理とする国。“魂の輪廻”・“生まれ変わり”も、この国の人々にとってはひとつの真理であった。自らの犯した罪により、懲役339年もの途方もない刑を課せられることとなった大犯罪者・ハロー。彼は20年服役した後死亡するが、319年もの刑期を残した魂は未だ浄化されておらず、すぐさまハローの“生まれ変わり”とされる赤子が、同じ監獄に収監される。永い年月の中、幾人かの“ハロー”とそれを取り巻く人々が紡ぐ物語。

あらすじを読むだけで重い内容だとわかるこのマンガ、本当に重いです。懲役339年の罪を償うため、数多くの罪なき人が刑務所で人生を過ごすことになるわけですから。

image

懲役339年という気が遠くなる期間、当然一人で償えるものではありません。生まれ変わった”新たなハロー”が罪を背負って生きることになるのです。

その中には、子供のハローもいれば、犯罪とは無縁の立派な青年ハローも。言葉をまともに喋れないうちから罪人として刑務所で過ごすわけですからねぇ…読んでて苦しい気持ちになります。

image

中にはごく普通の年頃の女の子もいたりするんです。国から罪人として生きることが決められたとはいえ、どう見ても罪とは無縁の人たちが悲運な人生を過ごす様を見るのは本当に辛い…。

image

こういう時代の中で、やはりこれはおかしいという考えを持つ人が現れてきます。そして主人公の「ハロー」も巻き込み、世の中が大きく変わり始めるのですが、この流れがマンガの一番面白いところ。

内容を大きく紹介したいところですが、実際にマンガを読んでみてもらう方が絶対に良いです。グイグイと引き込まれること間違いなしだと思います。全4巻でボリュームも少なめなので、サクッと読めます。おすすめ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でこてつをフォローしよう!

-読書・マンガ
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

「黒本 弐」はこれからの時代をどう生きるかを考えるキッカケとなる本

前作「黒本」の内容がとても良かったので、本作も迷わず購入です。内容はメールマガジンを再編集したものなので、購読中の人は既に見たことがあるかもしれませんね。 読むたびに新たな発見ができる本ですが、私が気 …

Kindleストア「月替りセール」9月分からおすすめの本をピックアップ

毎月初は「Kindle月替わりセール」のラインナップが更新されます。欲しかった本や役立ちそうな本が格安で買えるチャンスなので、ぜひチェックしましょう。 9月もたくさんの本がセール対象になっています。そ …

ビジネス本まとめ買いのチャンス!Kindleストアで50%ポイント還元のキャンペーン実施中

今回のセールはめちゃくちゃお得です! 日経BP社の本を買うと、書籍価格の50%に相当するポイントが還元されます。名書と呼ばれるようなビジネス書も還元対象になっているので、読んでみたい本があれば、この機 …

繁盛するお店にはなぜ人が集まるのか?「看板のない居酒屋」を読めば答えがわかる

何気なく買ったのですが、想像以上に素晴らしい良い本でした。「商売とはかくあるべき」を教えてくれる教科書といっても良いでしょう。 「岡むら浪漫」を知ってますか? 恥ずかしながら本を読むまで知らなかった …

映画化間違いなし!『早稲田出ててもバカはバカ』の破天荒ストーリーが面白すぎてヤバい。

「早稲田」と「バカ」という組合せからして刺激的なこの本、タイトルのインパクト勝負かと思いきや、中身が濃厚でオマケにぶっとんでいて異常に面白い。 話の展開としては、いきなりのどん底スタート。新卒で入社し …

こてつ(@tepkode

広島生まれ。岡山在住のサラリーマンブロガー。ガジェット・Web・アプリなどITモノをメインに、時事ネタやオピニオン発信などを行っています。プロフィール詳細や各種お問い合わせはこちらまで。