広島県人が通う神田のお好み焼き屋「カープ」が支持される理由

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ「こてつのブログ」管理人。東京で消耗して地方に移住した元エンジニア。生活を便利にしてくれるIT(ガジェット、WEB、アプリ)情報、地方暮らし、仕事論など幅広い記事を書いております。

お好み焼きにはこだわりがありまして。東京にあるお好み焼きのお店は正直微妙なところが多いんですが、ここは別格です。

「市内」を感じさせる広島風お好み焼き屋

広島風お好み焼きって、作るのに手間が掛かる割に単価が安いから、正直儲からないと思うんですよ。それでも多くの常連客が集まって営業を続けてる。そういうお店が個人的には理想です。

この「カープ」はまさにそんなお店なのです。決して店内はオシャレじゃないし、カウンターだけで広くもない。でも仕事終わりのサラリーマン達がお好み焼きを食べながらワイワイとやってる。

まさに、広島市内(県人は「市内」と呼ぶのです)にあるお好み焼き屋の雰囲気に近いんですよねぇ。この神田という新橋とはまた違うサラリーマン街っていう立地も良いのかも。

@tepkodeが投稿した写真

もちろん、お好み焼きの味も絶品。

生地の厚さもちょうどよく、ヘラで綺麗にカットできます。だからといって水気が多すぎるわけでもなく、麺やキャベツからもバランス良く水分が飛んでます。

このさじ加減が難しいんですよ。

広島風お好み焼きは「焼き加減」が全てといってもいいと思います。ここが微妙なのに、トッピングを増やして味をごまかそうとしてる店が多いんですよねー。

@tepkodeが投稿した写真

というわけで、本当に美味しいお好み焼きが食べたかったらここへ。いつも混んでるし予約できないので、行くなら少人数がおすすめです。

カープ 東京支店(神田)

この記事をシェアする