食べるマガジン「四国食べる通信」8月号が到着!今回の特集は徳島産の絶品「はも」

▼この記事をシェアする

Jpeg

8月号は徳島県の「鱧(はも)」特集

今月は「四国食べる通信」が届く月。二ヶ月あっという間ですねぇ。

今回の特集は徳島県の鱧(はも)

関東の人は鱧を食べる機会なんてあまり無いんじゃないでしょうか。これがまたあっさりしていて美味しいんですよ。

この鱧が取れる徳島という場所について、その魅力が余すことなく書かれています。中にはIT業界が次々と集まる神山町のことも書かれています。

自然あふれる場所で美味しいものを食べながら最新の仕事をするライフスタイル、憧れますよねぇ・・・。クリエイティビティは都会にいても育たないんじゃかないかとすら思います。

Jpeg

徳島県の食を支える人たち

鱧の他にも豊富な食材があるのが四国らしいところ。今回は鱧のほか、梅干しとウィンナーも一緒に届きました。

食べる通信を買い始めてしばらく経ちますが、四国の食材は本当に美味しいんです。メイン食材以外も美味しいので毎回楽しみなんですよ。

Jpeg

鱧、梅干し、ウィンナーの3点セット

食材については、冊子の中にレシピがあるのでそれに沿ったメニューを作るも良し、オリジナルの料理を作るのも良し。

今回は鱧のカタログも入ってました。高級食材なのでしょっちゅう買うことはできませんが、年に数回くらいはこういう豪華な食材を使った料理を食べられるといいですよね。

Jpeg

どれも美味しそうな「きらびき工房」の商品

ネットでも購入可能なので、まだ鱧を食べたことがない人は試してみては如何でしょう。美味しいですよ。

こんな感じで、「食べる通信」を購読すると、旬の食材とその食材を支える人たちを紹介した冊子が各月で届きます。

四国以外にも日本全国の色んな土地から届く仕組みになっているので、興味がある地方があればぜひチェックしてみて下さい。

食べる通信リーグ

スポンサーリンク