Kindleストア「月替りセール」9月分からおすすめの本をピックアップ

▼この記事をシェアする

d15beeecc57cf37801ff0370eef56374_m

毎月初は「Kindle月替わりセール」のラインナップが更新されます。欲しかった本や役立ちそうな本が格安で買えるチャンスなので、ぜひチェックしましょう。

9月もたくさんの本がセール対象になっています。その中からおすすめの本を数冊ピックアップしてみます。読書の秋なのでたくさん買って読まないとですねー。

9月のおすすめ本

1.「世界はシステムで動く」

『世界がもし100人の村だったら』『成長の限界』
ドネラ・H・メドウズに学ぶ「氷山の全体」を見る技術。
株価の暴落、資源枯渇、価格競争のエスカレート……さまざまな出来事の裏側では何が起きているのか?
物事を大局的に見つめ、真の解決策を導き出す「システム思考」の極意を、いまなお世界中に影響を与えつづける稀代の思考家がわかりやすく解説。

物事の「仕組み」を考えることが好きな人にはたまらない本。内容が濃いので時間をかけてじっくり読み込むと良いでしょう。

2.「改訂版 TOEIC(R) TEST 英文法 出るとこだけ! TOEIC(R) TEST 出るとこだけ!シリーズ」

「33の鉄則」で狙え、スピード解答! ベストセラーTOEIC対策書の電子書籍版です。TOEIC の最新出題傾向に基づき、頻出する問題パターンを集中的に攻略。「解き方の極意=鉄則」をマスターし、テスト直前5日間の学習で100点アップを目指します。

私も実際に持ってますが、受験前にこれをひと通りやるだけで点数が上がります。テストは実力だけじゃなく技術も重要。

3.「ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと」

東京ディズニーランドを舞台に、ウォルト・ディズニーが最も信頼した清掃員、「そうじの神様」ことチャック・ボヤージン氏と、カストーディアル・キャスト(清掃スタッフ)たちが繰り広げる感動物語。「働くことの本当の意味」を問いかける。

名作なので読んでおきましょう。働くことの意味をあらためて考えさせてくれる、素敵な本です。

4.「希望をつくる仕事 ソーシャルデザイン」

社会の課題を、自分らしくクリエイティブに解決していく。
今、そんな新しい働き方をする人たちが増えてきています。
ソーシャルデザインとは、自分の「気づき」や「疑問」を「社会をよくすること」に結びつけ、
そのためのアイデアや仕組みをデザインすること。

デザインの本ではなく、企画の本。どの職種の人にも役立つ内容なので持っておいて損はないと思います。おすすめ。

5.「犬が私たちをパートナーに選んだわけ」

「なぜ犬は存在するのか?」
ニューヨーク誌のジャーナリストがラブラドールの雑種である愛犬ステラとの出会いから、その出自を追って世界中の研究者や犬にたずさわる人びとを取材したノンフィクション。
犬の歴史と科学から動物倫理まで、最新の犬研究が網羅された「犬学」入門書&犬好き必携の書。

犬についてここまで詳しく書かれた本は珍しいかも。犬を飼っている人は読んでおくことをおすすめします。私もポチっちゃいました。

その他のKindleストア定期セール

Kindleストアでは月替りセール以外にも、日替わりセールKindleセレクト 25という定期セールがあります。

こちらの方が割引率が高いのですが、対象となる本の数が少ないのです・・・。ときどきチェックしてみるくらいが良いかもしれません。

スポンサーリンク

▼この記事をシェアする

この記事をお届けした
こてつのブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク