日本でAudible(オーディブル)を流行らすのは無理だと思う。

先日レビュー記事にも書いた「Audible」ですが、8月で解約してしまいました。使用感自体は悪くないんですけどね。

【レビュー】月額1500円でオーディオブック聴き放題の「Audible」を使ってみて感じたメリットとデメリットまとめ

正直な感想を書くと、オーディブルに1500円払うならKindle本を数冊買ったほうがいいと思いました。

同じオーディオ系のサービスで払うにしても、Appleミュージック、LINEミュージック、AWAを契約したほうが全然いいです。圧倒的にコンテンツの量と質が足りないんですよね。。。

サポート体制が充実しているだけにコンテンツ質と量が足りないのは惜しいとは思うんですよねぇ。こういう丁寧なサポートをしてくれるサービスって、ありそうであまり無いので。

Audible.co.jpをご利用いただきありがとうございます。

大変お待たせいたしておりました、iOS系アプリがリリースとなりましたので、ご案内させていただきます。

現在、お客様のアカウントは、一旦無料体験期間を終了した状態となっておりますので、このままアカウントにサインインされますと、月会費1500円が自動的に課金となってしまいます。つきましては、お手数ではございますが、本メールに返信いただく形で無料体験再度スタートの申し込みをお願いいたします。

ご連絡いただきしだい、お客様の無料体験を開始させていただき、ご利用の準備ができ次第、Eメールにてご連絡させていただきます。

尚、手続き完了にお時間がかかる場合もございますので、お急ぎの場合は、下記フリーダイヤルに直接お電話いただければ、その場で無料体験スタートの処理をさせていただきます。

万が一、こちらのEメールとは行き違いに、既にご自身でウェブサイトから会員登録をされた場合は、初月1カ月分の会費を返金させていただく事も可能です。返金処理をご希望の場合は、カスタマーサービスまでEメールまたはお電話にて、その旨お申し出ください。

出典:Amazonからのお知らせメール「Audible.co.jpよりiPhone / iPad向けアプリお申込み受付開始のお知らせ」

売れない放題サービスの特徴

私がふと思ったのは、日本で「〜放題」のサービスを売ろうとするなら、どれだけお得なのかがわかりやすくないとダメなんじゃないかということ。

動画サービスが流行っているのは、レンタルビデオというわかりやすい比較対象があるから。10回借りるよりは月額1000払ったほうがお得だな、みたいな感覚。分かりますかね?

一方で、雑誌の読み放題サービスは流行る気配がありません。1週間遅れの雑誌が読み放題になっても、お得なのかどうかがわからないんです。下手すると読む時間分損するかもしれない。そう思うからです。

オーディオブックの聞き放題がお得かどうかがわかる人って、日本にほとんどいないはず。元のオーディオブックが流行っていないので。

個人的には、Amazonプライムビデオに一本化してもらって、オーディブルの音声も「音声+画像」という形にしたほうがユーザー数は増えると思いますが。

アプリやサービスばっかり増えても、ねぇ。。。