動物愛護アニメ「犬を飼うってすてきですーか?」が教えてくれる、「自分以外の生命を守ること」の大切さ

スクリーンショット 2015-09-15 12.14.15

東京都が動物愛護を啓蒙するために作ったこのアニメ、大人はもちろんのこと、動物に興味を持ち始める年代の子どもにぜひ見せてあげて欲しい内容になっています。

犬を飼っている人が見ると涙してしまうと思うので、注意しながら見てくださいw。

我が家にも愛犬がいて、ちょうど3歳になったところです。今はだいぶん落ち着きましたが、この映像のように小さい頃はワガママ放題だし暴れるしで、めちゃくちゃ苦労しました。

苦労したけど、いい思い出です。

赤ちゃんもそうだと思いますが、自分のことを変わらず慕い続けてくれる存在がいると思うだけで、それまでの苦労なんて吹き飛ぶんですよね。そういうもんなんですよ。これが「家族になる」ということなんでしょう。

飼ってみて改めて思いますが、小さい子どもがいる家庭は、絶対に犬を飼ったほうがいい。自分以外の生命を守ろうと頑張るときほど、人を成長させるものはないですからね。

「犬を飼いたい」と子どもが言っているなら、前向きに検討してあげましょう。その際は、この映像やポスターを見せて説明することをお忘れなく。

動物愛護・適正飼養の普及啓発標示板・ポスター(東京都)