Hulu、Netflixを解約してAmazonプライムに登録すれば年間数千円以上もお得になる

▼この記事をシェアする

スクリーンショット 2015-09-17 12.09.46

今月末にサービス開始の「プライム・ビデオ」に関して、気になるアンケート結果が公表されていました。

「Amazonプライム・ビデオの利用意向に関する調査」(ジャストシステム 2015/09/16)

・プライム非会員の約3割は、「プライム・ビデオがあるなら、プライム会員に登録してもいい」
・定額制動画サービス利用者の約4割が、「プライム・ビデオ」に乗換検討中
・プライム会員の6割以上が、「プライム・ビデオは、退会抑止になる」
・「プライム・ビデオ」の登場で、「他サービスへの登録を見送った」

登録していいという人が3割もいるということは、それだけコストパフォーマンスが高いサービスだということなのでしょう。では、実際にどのくらいお得になるのでしょうか?

(1)他のビデオサービスから乗り換えた場合と、(2)Amazonプライム単独で考えた場合の2パターンで考えてみました。

(1)他サービスから乗り換えるとどれだけお得?

Netflixとの差額
・7800(650×12)円-3900円=3900円 のお得

Huluとの差額
・12000(1000×12)円-3900円=8100円 のお得

少なくとも年間4000円ほど費用が抑えられそう。月で考えると数百円の差ですが、年単位で見るとバカにできない金額だったりします。

(2)プライム会員になるとどれだけお得?

費用
・年会費:3900円

メリット(お得度)
1.Amazonパントリーの利用:(人による)
2.プライム・ビデオの利用:+3900円(Netflix並みのラインナップとする)
3.お急ぎ便が使い放題:+360円以上
4.Kindleオーナーライブラリの利用:+1冊500円x12=6000円以上
5.会員限定タイムセール:(人による)
6.Kindle購入でギフト券:+4000円(Kindle買う人のみ)

費用以上のメリットがあるのかという点がポイントになってきます。定期的に本を読む人であれば、Kindle端末を買うだけで元が取れてしまうんですよね。

Kindle端末で一番安いモデルの価格は8980円。Amazonプライム会員になって本体を買うと4000円分のギフト券がもらえるので、実質4980円で買えることになります。

で、Kindle端末を持っているとオーナーライブラリーが利用できます。毎月1冊本が無料で読めるので、新しい本を読むようにすれば年間で数千円〜一万円相当の本が読めます。


Kindle Wi-Fi、ホワイト

1冊500円の本を読めば年間6000円分、1000円の本を読めば12000円分。Amazonプライムの会費を回収できるくらいのメリットになるいうことですね。

もちろん、話題のプライム・ビデオも利用可能。1作品のレンタルに300円かかるとすると、毎月1〜2作品を観るだけで元が取れてしまうという素敵なことになるわけです。この価格破壊力はAmazonならではですよねぇ・・・。

まとめ

上記をまとめると、Kindleを持っていない人でもプライム・ビデオを使うだけで会費分の元はすぐに取れます。Kindleを持っていれば、さらに数千円以上お得になるということになりますね。

これからプライム・ビデオのリリースに合わせて、さらなる特典追加もあり得るかも・・・?とにかく超お得なサービスであることは間違いないので、これを気に入っておくことをおすすめします。

スポンサーリンク