【少しネタバレ】七つの大罪 16巻も安定の面白さ!十戒と魔神の動きはいかに?

▼この記事をシェアする

image

以前も紹介したマンガ「七つの大罪」ですが、最新巻も変わらず面白かったので改めてご紹介。多少ネタバレ入っているので、これから読む人はご注意を。

恐怖!十戒と魔神族の復活

前巻の最後、復活した十戒によってボロボロにされたメリオダスのグループ。同じく復活した魔神族が人間界で暴れ始めるのです。

image

聖騎士たちの活躍でとりあえずは凌いだものの、強力な魔神は次々と登場。そして、その戦いの中、死んだはずのヘンドリクセンが登場…!?

image

巨人族ディアンヌの過去が明らかに

巨大な体で敵をなぎ倒すディアンヌですが、前回の戦いで記憶を無くしたことをきっかけに故郷へ帰ります。メリオダスに会った経緯もここでわかります。ここは必見ですよ!

image

「七つの大罪」最後の一人がついに?

圧倒的な強さを誇る「十戒」を倒すには、あまりにも力不足。パワーアップの鍵を握るのが、「七つの大罪」残りの一人。次巻で大きく取り上げられると思うので、かなり楽しみ!

image

16巻を通勤電車で読んでいたのですが、夢中になりすぎて乗り過ごすところでした。これほどまでに男子を夢中にさせるマンガって、結構珍しいと思います。

これからシルバーウィークに入るので、まだ読んだことがない人は期間中に読んでおきましょう。もちろん一気読みをオススメします!


七つの大罪(16)


[まとめ買い] 七つの大罪

スポンサーリンク