こてつのブログ

家電・ガジェットレビューをメインに役立つ情報をお届けします。

読書・マンガ

安保法案で騒ぐ前に読んでほしい本「マンガで読む国防入門」

投稿日:2015/09/23 更新日:

衆議院参議院を通過して少しトーンダウンした感のある安保法案ですが、こういう時だからこそしっかりと内容を理解しておくべきだと思います。

image

ということで、分かりやすいと評判のこのマンガを読んでみました。

私も恥ずかしながら安保法案について詳しくは理解できていない人のうちの一人でしたが、このマンガを読んで大分理解できるようになりました。

法案から入らず、「国防」という考え方からきちんと説明してあるので、本当に日本が必要とするものがハッキリとわかります。

具体的な例がたくさん書かれているので、イメージもしやすいですね。今の日本だと、外部からテロ攻撃を受けても、応戦どころか防御もロクにできないこと、どれだけの人が知っているんでしょうね…。

image

こういう外部攻撃だけではありません。テロ集団が日本に入り込んで暴れ始めた場合、警察がまず動きます。自衛隊が自衛活動することなんて、まともにできないのが現状です。

image

これってかなりマズい状況なんじゃないでしょうか。

外部からの攻撃に対して何もできないわけですから。もちろん、米国が必ず守ってくれるとも限りません。

安保法案成立=戦争と紐付けている人は、一度この認識を変えたほうがいいかもしれませんね。今の日本は、国民を守ろうとしても守れない状況なわけですから。

また、テロに関して興味深い考察もありました。「なぜ民間人を標的にするのか?」に対するテロリストの答えです。

image

image

過激なデモ活動してる人達とやり方が同じ!

きっかけは違えど、結局のところ自分達の目的を達成するために周りの人の不安を煽っていることには変わりないわけで。

ということで、日本を取り巻く環境のことをよく理解できる一冊なので、ぜひ読んでみて下さい。法案に対する考え方も、少し変わると思いますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でこてつをフォローしよう!

-読書・マンガ
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

毎日を”ちょっとだけ”幸せにしてくれる本/水野 敬也・鉄拳「それでも僕は夢を見る」

タイトル、イラスト、著者だけでも売れるとわかる組み合わせ… 自分も例に漏れず買ってしまいました。  この本、あっと言う間に読めてしまいます。 読み物として期待するとガッカリすると …

no image

読み進めば進めるほど、”旅”がしたくなる!/高城剛「青本」

Kindleストアの新刊で見かけ、早速購入しました。高城剛氏のメールマガジン「Future Report」の1コーナーを再編集したものですが、正直言ってこのシリーズ、最高です。 国内旅行、海外旅行に行 …

人生は退屈で美しいものーー小説「世界から猫が消えたなら」がそう教えてくれた。

「自分にとって、本当に大切なものは何か」ーーそう自身に問いかけて、すぐに答えが出てくる人はあまりいないのではないでしょうか。なぜなら、本当に大切なものほど、失って初めてそのことに気がつくことが多いから …

皆が認める優秀な営業マン「飴谷 甘太朗」。彼には誰にも言えない秘密があった。それは…

サラリーマンのみなさん、上手くサボってますか? マンガ「さぼリーマン 飴谷 甘太郎」は、サボることに全力を注ぐ一人のサラリーマンが主人公。この主人公がサボる理由は「スイーツを食べる」ため。 ひと目見る …

事故で仮死状態になった男。生きるために与えられた使命は「数字で人を救う」こと:ー生の会計が理解できる小説「会計天国」が面白い!

会計って、難しいんです。「数字」という時点でハードルが高くなることもありますが、いくら専門書を読んでも、生の数字を見ないことには頭の中にスッと入ってこないんです。 今回おすすめする小説「会計天国」は、 …

こてつ(@tepkode

広島生まれ。岡山在住のサラリーマンブロガー。ガジェット・Web・アプリなどITモノをメインに、時事ネタやオピニオン発信などを行っています。プロフィール詳細や各種お問い合わせはこちらまで。