独VWによる排ガスデータの不正改ざんが発覚。クリーンディーゼル車はマツダ一択かも。

▼この記事をシェアする

引用元:http://www.volkswagen.co.jp/ja.html

引用元:http://www.volkswagen.co.jp/ja.html

マイカーを買ったので自動車ニュースをチェックするようにしたところ、早々にVWの不正に関するニュースが流れて衝撃を受けています。発覚したのが米国っていうあたりがまた不運なところです。

独VW、排ガス不正で特損8700億円計上 対象1100万台(日本経済新聞 2015/09/22)

米国で他国の自動車が売れると、制裁金を払うことになる。

今回はやっていることが悪質なので当然それなりの罰則を払うべきだとは思うのですが、最大2兆円とも言われている制裁金はどう考えても高すぎ。別に命に関わることじゃないし。

米国の自動車メーカーGMによるリコール隠しが発覚した際の扱いを見てみるとわかるでしょう。10年間リコール隠ししているのに、制裁金は9億ドルですよ。なんとVWの1/20。

GM、米司法省と罰金9億ドルで和解…点火スイッチのリコール(カービュー 2015/09/18)

こういう流れを見ていると、アメ車だけは絶対に買ったらダメだと思いますね、ほんと。今回不正が発覚したVWとAudiは、早期に公表している分だけまだマシです。

こうなったら、クリーンディーゼル車はマツダの独壇場。

この問題でVWがクリーンディーゼル車を日本に投入する時期が遅くなる可能性は十分にあります。それ以上に、VW車に対するイメージの下落が進み、まず買わないですよね。

そうなると、実質マツダ車くらいしか選択肢が残りません。アクセラあたりがベンチマークでしょうか。ベンツもクリーンディーゼル車を販売していますが、あまりにも高いので除外w。

引用元:http://www.mazda.co.jp/purchase/eco/

引用元:http://www.mazda.co.jp/purchase/eco/

VWにはしばらく厳しい時期が続きそうです。一方でVW車を狙っていた人は、いつもより強気で価格交渉ができると思うので絶好の買い機会になるかもしれません。年末商戦の時期にディーラーに行くといいかも。

スポンサーリンク