ふるさと納税の納付先は「特産品の豪華さ」ではなく「愛着が持てるか」で決めよう。

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ「こてつのブログ」管理人。東京で消耗して地方に移住した元エンジニア。生活を便利にしてくれるIT(ガジェット、WEB、アプリ)情報、地方暮らし、仕事論など幅広い記事を書いております。

この制度についてのあり方は、そろそろ真剣に議論してもいいのではないでしょうか。

ふるさと納税が「特産品を安く手に入れる手段」になってしまっている。

この制度を使って自治体に一定金額を寄付をすると、その分税金から控除されます。そして、寄付の金額に応じた特産品が、寄付のお礼として送られてきます。

自治体からすると直接税収が増えるし、納税者からすると寄付金額以上のリターンが得られるということで、ここ数年で利用者はどんどん増えています。特集が組まれた雑誌もよく見かけます。

ところが、最近になって「競争」が生まれてきました。より多い寄付金額を集めようと、各自治体がより豪華な特産品を用意するようになってきたのです。

中には1万円を寄付するだけで、実質5千円ほどの特産品を貰えるケースも。もちろん寄付する側は税額控除を考えるとかなり儲かるので嬉しいばかり。

でも、これでいいんでしたっけ?

特産品を豪華にすると、本来自治体が貰うべき寄付金の取り分が減ります。寄付する人が順調に増えているうちはいいですが、そうでない場合は悲惨なことになりそうです。

寄付をするなら、愛着のある地元の自治体をオススメします。

私は今回から特産品の豪華で寄付先を選ぶのは止めました。自治体選びはお店選びとは違います。本当に支援したい地域にこそ寄付すべきだと思います。

こういう施策は、何年も継続してみて初めて成果に繋がるもの。自分が継続して寄付しても良いと思えるような自治体を見つけることが非常に重要になってきます。

そこで私がおすすめしたいのが、自分の地元地域への寄付。自分が育った地域、好きな地域なので、寄付したお金がどのように使われるかにも興味を持ち続けることができますからね。

寄付して特産品貰って税金から控除されて、「いくらか儲かった!」で終わるようだと悲しすぎますよねぇ。そう思いません?

http://www.citydo.com/furusato/official/hiroshima/fuchu/

http://www.citydo.com/furusato/official/hiroshima/fuchu/

私の場合は、広島県の岡山寄りにある府中市に寄付をしました。人口も減り、駅前も寂しくなってきているのが現状。少しでも賑やかになるような施策に使ってもらえればなと思っています。

そういうわけで、ふるさと納税を行う際は、まず地元の自治体が募集しているかを確認してみると良いでしょう。ふるなびのようなポータルサイトだと、全国の自治体情報を網羅している上、決済手段も多彩なので便利だと思います。

▼ふるなびの詳細はこちら▼

制度自体は素晴らしいものだと思うので、あとはそれを私たちや自治体がどう使うか。長く続く、意味のある制度として続くようにしていきたいですね。

この記事をシェアする