子育て世代は両親と近くに住もう!URの「近居割」を使うと家賃が5年間5%安くなる

子どもがいる家庭は、両親が近くにいるほうが何かと便利ですよね。子守をお願いできるし、新幹線で会いに帰るなんてことも不要ですし。

実家が田舎にある人だと難しいですが、親も子も賃貸住宅に住んでいる場合は、URの「近居割」を使いながら賃貸住宅に住むという選択肢もありだと思います。

2世帯で近くに住むと家賃が5%安くなる

この「近居割」を使って親世帯・子世帯が特定範囲内のUR住宅に住むと、家賃が5年間5%安くなります。少ないように見えますが、金額にするとかなりデカいことに気づくはず。

スクリーンショット 2015-09-29 19.26.38 スクリーンショット 2015-09-29 19.26.52

東京でファミリー向けの住宅に住む場合で計算してみます。5年間の家賃総額が、10万円x12か月x5年=600万円。割引額の合計は600万円x5%=30万円(!)になります。30万円はデカい。

同じ日に契約すると両世帯とも5%引き

普通に考えると難しい条件ですが、もし同じタイミングで引っ越しできるなら便利ですよね。1世帯の家賃が10万円とすると、5年で60万円も安くなっちゃいます。

スクリーンショット 2015-09-29 19.39.49

地域・物件の制約を許容できるなら相当お得

近居割、近居割WIDEの対象エリアと物件はかなり限定されています。なので、対象の物件から選んで住むという探し方にはなると思います。

そこまで物件にこだわらないという人であれば、相当お得に入居できるシステムだと思うので、そういう方はURの近居割ページでぜひ物件を調べてみて下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でこてつをフォローしよう!