こてつのブログ

家電・ガジェットレビューをメインに役立つ情報をお届けします。

読書・マンガ

【書評】コミュニケーションで人生を変える。「こうすれば必ず人は動く」にはそのエッセンスが詰っている。

投稿日:

image

自己啓発のバイブルとして、D・カーネギーの「人を動かす」を挙げる人は多いです。確かに、書かれている内容は目からウロコが落ちるようなものばかりで、社会人なら一度は読むべき本だと思います。でも、読んで終わりにしてしまうにはあまりにも勿体ないですよね。良い内容の本だからこそ、すぐにでも活用したいわけです。

この「こうすれば必ず人は動く」の内容は、カーネギー氏のラジオ放送からピックアップされたもので、話の一つ一つが具体的で明日から使える内容になっていることが特徴。多くの人が「人を動かす」に対して一度は思ったであろう「では、実際にどうやればいいのか?」という疑問に十分応えてくれるものとなっています。

image

この本に書かれていることは、決して仕事で使うコミュニケーション術だけに留まりません。上に書かれている話に登場する人物は、人を言い負かすことを続けてきた結果、職を失うことになりました。口論で買ったとしても、相手の好意を失っては意味がありません。現に私の周りにも、口論で負けることがよほどプライドに触るのか、最後に必ず勝とうとする人がいます。結果、どういう状況になるかは推して知るべしですが。

この性格を乗り越えるための解決策が「手紙を書いて、投かんまで3日間待つ」でした。この手段って、あらゆる状況で使えると思うんですよね。職場だけではなく、友人、家族に対しても同じように使えます。コミュニケーションで起こる問題の解決方法って、実はどれも似たようなものなのかもしれませんね。

image

コミュニケーションに限った話だけではありません。人がその気になれば、普段の数倍のアウトプットも出せるという話もわかりやすく書かれています。1日でやったことを30分ないしは15分単位で振り返ってみるというこの方法ですが、実際にやってみると「まだ頑張れるな」ということがひと目でわかります。モチベーションだけではなく仕事の成果をアップさせる方法が、たくさんの事例とともに紹介されているのです。

最後に、この本は単なるコミュニケーション論にとどまらず、それを起点にして人のモチベーションを高め、どうやって高い成果につなげていくか。仕事だけではなくプライベートを充実させるためのツールとしてもフル活用できるものになっています。永久保存の1冊になることは間違いないので、ぜひ手にとってみて下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でこてつをフォローしよう!

-読書・マンガ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

箱根駅伝の「学連選抜」をテーマにした小説「チーム」が熱くて泣ける!

Kindleでとても素晴らしい小説を見つけたのでご紹介。読んでいる最中、あまりにも入れ込んでしまって手に汗をかいてしまったほど。年初の箱根駅伝が始まる前に出会っておきたかったです・・・。 混成チームの …

まずは「カネ」の稼ぎ方を考えてみること。西原理恵子さんの本が教えてくれる、次の一歩の踏み出し方。

みなさんは「カネ」という言葉に対して、どういう印象を持っていますか?ニュース番組で「政治とカネ」という使われ方をすることが多いこともあり、悪い印象を持っている人が多いのではないでしょうか。 今回は、そ …

「断捨離」に大事なのは、”何を捨てたか”よりも”どのように生活が変わったか”だと思う。

話題の本「必要十分生活」を読んでみました。 うーん、微妙すぎる。どうしても読みたい人はKindle版か中古本を買えば充分かなぁ。そう思った理由がいくつかあります。 必要十分生活~少ないモノで気分爽快に …

「マイクロソフトでは出会えなかった天職」から理解するNPOというビジネス

NPOというものにぼんやりと興味を持っていたので、買って読んでみました。NPOもビジネスの1つの形なのだということに気づけたことは大きかったと思います。私と同じようにNPO=慈善活動の団体という風に捉 …

人生を奪られるな!「ウシジマくんvs.ホリエモン」はそう教えてくれた。

世の中には「奪る方」と「奪られる方」が存在している。ところが多くの人は「自分がどちら側」なのかを考えたことすらない。私自身もその一人だったが、この本を読むことで日常生活に強い危機感を抱くようになった。 …

こてつ(@tepkode

広島生まれ。岡山在住のサラリーマンブロガー。ガジェット・Web・アプリなどITモノをメインに、時事ネタやオピニオン発信などを行っています。プロフィール詳細や各種お問い合わせはこちらまで。