これは良い!米国アリゾナ州で犬を救う画期的な法律が成立

dog0147-041

犬好きの人にはたまらないニュースですねぇ。

Arizona City Mandates All Dogs Sold in Pet Stores Will Come From Shelters(GoodNewsNetwork 2015/09/10)

動物愛護に関して、日本はまだまだ後進国だなーとつくづく思います。アリゾナ州では、殺処分されてしまう犬を救うべく、こんな法律ができたのです。

ペットショップで販売される犬は、保護犬でなければならない。

ブリーダーの人には申し訳ないのですが、商売のために無理やり生命を作ることで、殺処分されるであろう犬の頭数を増やしているのは、事実です。

もちろん人間が飼いやすい犬種や丈夫な犬種を増やすことは大切です。(私の愛犬もそのおかげで出会えたわけですし。)だからといって、ペットショップで売るために「量産する」のはまた別物。

この法案が制定されると、特定の犬種がピンポイントで欲しい人はブリーダーから直接譲ってもらい、そうじゃない人は保護犬をペットショップで買う。

最高じゃないですか!

こういう時こそ、大手のペットショップが動くべきだと思いますよ。お店にはミックス犬がたくさん並ぶことになるとは思いますが、末長く付き合ってくれる飼い主に出会えると思いますし。

というわけで、コジマさん、ピーズファーストさん、やってみてはいかが?