エポスカードのサービス「ROOM iD」がスゴい!家賃のカード払いでポイントが貯まりまくる

▼この記事をシェアする

マルイが発行しているクレジットカード「エポスカード」、マルイでの買い物以外にもさまざまな使い方があります。その中でも、賃貸物件を借りる際の手続きが簡単になるのが、このカード最大の特徴です。

カードがあれば保証人は不要

賃貸契約を結ぶ時に面倒なのが、保証人手続き。まず「保証人になってもらう」という時点で、お願いできる人が限られます。「保証人がいなくて契約できない」という話もよく聞きますよね。

その保証人手続きも、エポスカードの「ROOM iD」というサービスを使えば不要になります。一定の費用(保証料)を払うことで、クレジットカードが保証人の代わりになるという仕組みになっています。

家賃支払いでポイントが貯まる

家賃をクレジットカードで払いたいと思っている人は多いはず。この「ROOM iD」と提携している物件に住めば、それができてしまうのです。カード払いなので、もちろんポイントも付与されます。

毎月数万円から10数万円の家賃をクレジットカードで払うわけですから、知らず知らずのうちにポイントがガンガン貯まります。毎月10万円の家賃を支払っている場合だと、年間で6000ポイントも貯まります。

貯まったポイントは他社のクレジットカードと同様、さまざまなものに使うことが可能。マルイのショッピングはもちろん、マルイ商品券やVISAギフトカード、ANAマイルなどにも交換できます。

個人的には、まずROOM iDの保証料に充足するのがおすすめです。カードを家賃支払いのみに使った場合でも、10000円の保証料が4000円になりますからね。スマホ料金や公共料金などの支払いもエポスカードにまとめてしまえば、すぐ無料になるでしょう。

ROOM iD提携物件数は少ない

メリットばかり書いてきましたが、もちろんデメリットもあります。このROOM iDと提携している物件、数があまり多くありません。「ROOM iD提携不動産会社」をざっと調べてみたところ、日本全国で約800社が提携していますが、ほとんどが首都圏の不動産会社です。

提携物件を探す場合は、検索で探すよりは不動産会社に「ROOM iDの提携物件はありますか?」と質問して探してもらったほうが手っ取り早くていいかもしれませんね。

まとめ

引っ越しを検討している人は、まずは提携物件に自分の条件に合うものがあるかを調べてみると良いでしょう。もし気に入る物件があれば、エポスカードを作って引っ越しをするのが一番いい流れですね。

引っ越しは考えていないという人も、マルイでよく買い物をする人ならカードを1枚作っておくほうが便利かも。入会で8000円分のポイントが貰えるので、冬服の購入に充てるのがタイミング的にはいいかもです。

▼エポスカード詳細はこちら▼

スポンサーリンク