DEENの新曲、まさかの「8cmシングルCD」で発売!

▼この記事をシェアする

https://ja.wikipedia.org/wiki/シングル

https://ja.wikipedia.org/wiki/シングル

若いころよく聴ききましたねぇ・・・(遠い目)

1992年に結成されて今も活躍中のロックバンド「DEEN」の新曲が本日発売されました。初回限定で数パターンのCDが発売されたのですが、その中に「8cmシングルCD」版もあったことがネット上で話題になっています。

8cmシングルCDは、1980年代後半にかけて主流となっていたCDの規格。今販売されているCDは12cmサイズで「マキシシングル」と呼ばれています。何で8cmサイズだったのかは、面白い説明がWikipediaに書かれています。これは初耳でした。

8cmというサイズは、CDV規格で音楽トラックを収録する部分の直径を踏襲している。8cmのCDシングルのジャケットが縦長になっているのは、当時、レコード店のシングル盤陳列棚に2列ずつ入って、なおかつ、手に取り易い大きさにするためであった(レコードのシングル盤の直径は17cm)。また、正方形サイズでは手の平に収まるサイズとなり小さすぎて万引きされやすい、という懸念もあった(個人経営のレコード店では商品管理タグなどをつけていないところが多かったため)。

今の若い人は8cmシングルCDを知らない人が多いはず。Twitterで検索してみると、面白い画像がたくさん出てくるのでぜひチェックしてみて下さい。ああ懐かしい。

↓わかる!

↓一度は通る道。

↓伊東家の食卓…

↓うわー、これ買ってた。

まだまだ懐かしネタがあるので、調べてみて下さい〜。

スポンサーリンク