こてつのブログ

家電・ガジェットレビューをメインに役立つ情報をお届けします。

働き方

日本の給与制度「月給+夏冬ボーナス」は、スマホゲーム運営と似ている。

投稿日:

85459ed90e3676bc8d1d76211cfc5873_s

多分、ゲームも組織も同じなんだと思います。

日本の給与制度はスマホゲームの運営と同じ仕組みである。

お仕事で会社の制度を考える機会があって、考えるようになりました。何で多くの日本企業が「月給+夏冬ボーナス」という給与制度を導入しているんだろう、と。少し考えてみると分かりますが、少なくとも従業員側にとってメリットが無いんですよね。

従業員にとっては、月給=年俸/12ヶ月で貰ったほうが良いに決まってます。なぜなら、いつでも辞められるから。逆に考えると、夏冬ボーナスは従業員を辞めさせないために会社側が作った仕組み、ということなのです。

これって、スマホゲームの運営と同じ仕組みじゃないか?

ふと、気がついたのです。仕事でよく目にしているスマホゲームの運営方法にめちゃくちゃ似てるんですよ。むしろ、全く同じと言ってもいい位。イベント運営やインセンティブ付与の仕組み、スムーズにレベルアップするための設計など、人材開発そのもの。例えで比べてみます。

[スマホゲーム]
毎日ゲームにログインすると、ログインボーナスが貰える。定期的に開催されるイベントに参加して上位にランクインすれば、さらに良いボーナスが貰える。プレイヤー同士でチーム(ギルド)を組んで、みんなで頑張って上位チームになるとボーナスが貰える。

[組織]
毎日出勤して働けば給料が貰える。夏と冬になると成果に応じてボーナスが貰える。会社でも上位の評価を貰えば給与が増える。社員同士でチームを組んで、みんなで頑張って上位チームになるとボーナスが貰える。

ゲームでも会社でも、重要なのは継続率・モチベーション・生産性の低下。ボーナスを見せつつ競争心を煽ることで、課金率(仕事量)を高めていくと考えたら、ほとんどの仕組みはスマホゲームに入っているんじゃないでしょうか。

スマホゲーム運営者は組織づくりに向いているのでは。

新しい発想じゃないですか?w。スマホゲーム運営で売上をどんどん上げている人には、人のモチベーションと継続率を上手く高めるコツが分かるんじゃないでしょうか。

この考え方は「ゲーミフィケーション」とも呼ばれていて、ゲーム以外の分野にも取り入れられようとしているみたいですね。私なら、こんな仕組みで作られた組織では絶対に働きたくないですけどw。

▼おすすめ転職サイト一覧

実際に私が登録したことがあるものだけを集めました。今すぐ転職しない人も登録して求人を眺めるだけでも新しい発見があると思いますよ。

ピタジョブ:福利厚生や手当も重視したいという人向けはこのサイト。スマホから簡単に登録できるのが便利。
Switch.:Facebookで簡単登録できるのがいいですね。企業からのスカウトもFacebook経由で届きます。
CREEK&REVER:クリエイティブ業界の案件がめちゃくちゃ多い。フリーランスの人は登録必須ですよここ。
キャリコネ転職サービス:企業の口コミサービスが見られる、リクナビNEXTとDODAに同時登録できる独自サービスが売り。おすすめ。
リクルートエージェント:個人的にあまり好きではないのですが、求人数が圧倒的に多いのですよね・・・情報収集用に登録するのがおすすめ。
WORKPORT:関西や九州への転職を考えているなら、ここが一番良いです。ゲームやIT業界の求人数が多いのも特徴。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でこてつをフォローしよう!

-働き方
-, , ,

執筆者:

関連記事

企業を選ぶ時は「生涯給料の高さ」と「平均年収の高さ」のどちらを優先すべきか。

東洋経済が発表している「生涯給料トップ500社」ランキングの最新版、やっぱりキーエンスが一位でした。景気動向で左右されそうな業界の中でも圧倒的な利益と給料を出し続けられるのは単純に凄いですね。 引用元 …

東京に疲れたら沖縄で働こう!エンジニアを3ヶ月で養成する「AxiZ沖縄」がかなり良さげ。

東京を脱出したいなら、こういうアプローチもありですね。技術も身に付きますし。 沖縄でエンジニアになるという選択。 東京で働くのに疲れた。地方で働きたい。そんな人は沖縄にある「AxiZ沖縄(アクシズおき …

no image

日本交通 川鍋社長のプレゼンから考える、仕事への向き合い方

今日偶然見かけたこの記事、とても良かったので紹介します。 「重要なことよりも、結果が出ることをやれ」 日本交通・三代目社長が、1900億円返済の過程で得た経営哲学とは? 動画で見た方がスッと入ってくる …

地方の架け橋になる「地域おこし協力隊」に登録してみませんか?

地方創生プロジェクト 地方創生の動きが官民ともに盛り上がってきましたね。今回紹介する「地方創生プロジェクト・地域おこし協力隊」も熱量が高く、かなり面白いことになっていきそうです。 地域おこし協力隊とは …

no image

『謝る』ことは最強のコミュニケーション方法だと思う

最近、公私ともに謝ることが多かった(良いことでは無いのですが笑)ので、そのあたりについて思うことを書いてみます。 私自身は、何かミスをしてお客様に迷惑をかけてしまった時に、正直なところ「ミスしたこと自 …

こてつ(@tepkode

広島生まれ。岡山在住のサラリーマンブロガー。ガジェット・Web・アプリなどITモノをメインに、時事ネタやオピニオン発信などを行っています。プロフィール詳細や各種お問い合わせはこちらまで。