住信SBIネット銀行の初期設定手順の解説(画像付き)

口座開設の申し込み中だった住信SBIネット銀行からカードが届いたので、早速初期設定を行いました。10分もあれば完了できるので、届いたらすぐにやっておくと良いでしょう。

口座の初期設定手順

登録は10分もあれば終わります。住信SBIネット銀行のトップページに進み、ログインIDとパスワードを入れてログインします。これは当然覚えていると思いますが、万が一忘れた人はサポートセンターに連絡して下さい。

 

sbinetbank_1

次に、WEBサイト用のパスワードを設定します。最初のパスワードとは別のものにする必要があるので、忘れないパスワードをセットするようにしておきましょう。

sbinetbank_2

次はキャッシュカードの暗証番号。他の銀行で使っている番号にしておくのが分かりやすいですね。引出限度額はメインカードとして使うなら多めに、サブカードとして使うなら少なめにしておくのが安全。

sbinetbank_3

「当座繰越設定」というものが初耳の人もいるかと思います。簡単に言うと、お金が足りなくなった場合にお金を借りる(マイナス残高になる)設定を行うかどうかということ。基本は「利用しない」でOKです。

sbinetbank_4

次にモバイル用のパスワード設定。必須ではないのですが、いつ使うか分からないのできちんと設定しておきましょう。パスワードが複数あるので、忘れずにメモしておくようにしましょう。

sbinetbank_5

ここまで来たらほとんど完了。あとは トップページに戻って、キャッシュカードの受取確認を済ませておきましょう。

sbinetbank_7

最初に設定したWEB取引パスワードと、キャッシュカードの裏に書かれているセキュリティコードから指示通りの場所にあるコードを入力しましょう。これで全ての設定は終わり。お疲れ様でした!

sbinetbank_8

SBIネット銀行はカードが1枚だけ

以前使っていた楽天銀行とはじめとして、普段使うキャッシュカードと振り込みの時に使うセキュリティカードが別々なんですよね。財布もかさばるし、これ何とかならないかなとずっと思っていたんですよ。

その点、SBIネット銀行だとカードが1枚にまとまっているので、財布がすっきりします。というか、常に持ち歩くカードだと思うので2枚に分けておく必要ないと思うんですよねぇ。

[参考]パスワードの管理方法

この銀行はパスワードがやたらたくさん登場するので、人によってはパスワードに使うネタが尽きる人もいるはず。そういう時にオススメしたい方法は、パスワードを1文字ずつずらす方法。

「abc123」というパスワードを使っている人の場合は、「bcd234」という風になります。この方法だと最初のパスワードとルールさえ覚えておけば、いくつでも増やしていくことができます。

さらに大切なのは、最初のパスワードを忘れないようにメモしておく場所。Evernoteのようなクラウドメモでも良いですが、私が一番オススメしたいのは、自分宛にメールを送っておくこと。

gmail/inboxだとアーカイブ機能があるので、そのメールをアーカイブしておけばいいのです。自分宛てに件名「パスワード」で送っておけば、すぐ検索もできるし、セキュリティ対策も万全。

ぜひ使ってみて下さい。

スポンサーリンク