見逃したTV番組が見られる配信ポータル「TVer」は、果たして流行るのか?

▼この記事をシェアする

NetflixAmazonプライムビデオを始めとした動画サービスの動きが活発ですが、コンテンツ提供元でもある民法でも新しい動きが始まりました。

民放5社の過去放送がPCやスマホで見ることができるポータルサイト「TVer」が本日オープンしました。概要は以下の通りとなっています。

【民放公式テレビポータル「TVer」概要】・サービス名称 TVer(ティーバー)

・サービス開始 2015 年 10 月(予定)
・サービス概要 在京民放 5 社(及び系列放送局)制作コンテンツの広告付き
無料配信及びタレント情報などの番組関連情報
・対象デバイス パソコン、スマートフォン、タブレット(予定)
・配信コンテンツ 各社放送中のドラマやバラエティ
(各社 10 番組/週程度で調整中)
放送終了後から次回放送まで(基本 1 週間程度)
・運営会社 株式会社プレゼントキャスト
・利用料 無料
・URL http://tver.jp/
(本日ティザーサイトをオープンいたします)

http://tver.jp/pdf/TVer_release20150716.pdf

YouTubeをリスペクトしてるとしか思えない名前が物悲しいですが、一般ユーザーからの投稿が主なコンテンツであるYouTubeとは立ち位置が違うので、問題にはならなさそうです。

早速サイトを見てみたのですが、民法5社の共同ポータルと言えどもコンテンツがまだまだ少ない状態なので、今後の充実に期待ですね。個人的には下町ロケットと有吉反省会があるだけで満足ですが。

tver1

他に気になった点は、テレビ番組丸ごとストリーミングは辛いということ。テレビ番組って基本は30分〜60分なので、移動中に見るのはかなり大変そう。通信制限にもすぐ引っかかるだろうし。動画をダウンロード保存できると便利なんですけどね。

アプリ版を試しに使ってみましたが、やっぱりDL保存はできないようです。画質も良くてコンテンツの質も悪くないので、後はバージョンアップで保存できるようになるのを期待しましょうかね。

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」
無料
posted with アプリーチ

総評としては、サービスの方向性は良いが立ち位置が微妙、という感じでしょうか。「見逃したTV番組を移動中でも見られる!」っていうのを機能面でもしっかりサポートしてあげることができれば、利用者は間違いなく増えるはず。良いコンテンツを持っているのですから、ぜひ上手く使って欲しいところですね。

スポンサーリンク

▼この記事をシェアする

この記事をお届けした
こてつのブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク