名刺管理アプリ「Eight」で日経の関連記事が読めるように!ってこれ需要あるの?

私もお世話になっている名刺ツール「Eight」に、新機能が追加になりました。日経新聞電子版と連携することで、自分のネットワークに関連したニュースをまとめてチェックすることができるようになったとのこと。

使い方は簡単で、最新版アプリのタイムラインに表示されている「トピックス」をポチッと押して日経IDと連携するだけ。

私の場合は知人が多いヤフーとKDDIの2社に関するトピックスがタイムラインに表示されています。ここは人によって変わってきます。

記事へのリンクをそのままクリックして進みましょう。すると日経IDとの連携画面が出てくるので、日経IDとパスワードを入れて進みましょう。

規約もしっかりと読んでおきましょう。かなり細かな情報を提供するのが個人的には気持ち悪いのですが、ここは同意して進むものとします。不安な人は止めておきましょうね。

これで私のネットワークに関連するトピックスが定期的に流れるようになります。が、ここで単純な疑問。

この機能、どこで使うの?

Eightユーザーと日経新聞電子版の読者は相性が良いとは思いますが、名刺管理ツールとニュースは利用頻度が違うので、相性がめちゃくちゃ悪いはずなんです。

もし使うとしたら、名刺で誰かの情報を見るときに、その人の所属企業や業種関連のニュースが一覧で見られるとしたら、それなりに便利でしょう。

でも、見られるのは日経新聞電子版の会員のみ。無料会員だと毎月10本までしか見られないので、実質有料会員向けの機能と言ってもいいでしょう。

日経新聞のコンテンツ全般で言えるのですが、内容は良いのに有料会員への登録を促すあまり、「これ、誰が使ってるの?」という着地になるサービスが多いんですよねぇ。

というわけで、我こそはという人、日経新聞にUI/UX改善の提案をしてみてはどうでしょう?結構効果出ると思うんですよね。