瀬戸内海の再生モデルが地方を元気にする。「里山資本主義」を含有する「里海」という考え方。

▼この記事をシェアする

国の重点施策もしても挙げられる地方創生。これを成功させるには「その地方ならではの魅力的な生活」が必要で、どの自治体も苦労している部分でもあります。

この生活を作るポイントとなるのが、マネー主義から一歩離れた「里山」という考え方や、それをさらに大きくした「里海資本論」という考え方になってきます。

この「里海資本主義」最大の特徴は、自然をそのままにするのではなく、「あえて人の手を加える」ことで、豊かな自然を取り戻していくという点にあります。

昔からあった例としては、広島の宮島にあるカキ筏が挙げられます。カキの餌は海中にあるプランクトン。そのプランクトンは窒素やリンの物質を取り込んでいるので、自然とサイクルが出来上がっているのです。

参照元:http://kakinavi.com/kaki/

参照元:http://kakinavi.com/kaki/

このサイクルは昔からあったわけではありません。瀬戸内海が瀕死の状態になった際、カキが赤潮前にプランクトンを食べることや濾過機能が抜群に高いことに注目した人たちが、カキ筏を作ったのです。

その結果はどうか。広島の牡蠣は美味しいことで有名になり、地元の主要産業にもなりました。また、以前は緑色で濁っていた瀬戸内海も元の綺麗な海の色に戻りました。これが「里海」の考え方の原点と言ってもいいでしょう。

その里海づくりに大成功した例として、瀬戸内海沿いにある岡山県の備前市「日生」という町が挙げられます。この町では、アマモという海藻を上手く再生させることで、豊かな海を取り戻しました。

引用元:http://www.mizushima-f.or.jp/katsudou/shiraberu/takahashi/amamo/amamo.html

引用元:http://www.mizushima-f.or.jp/katsudou/shiraberu/takahashi/amamo/amamo.html

海を取り戻すためにアマモの種を巻きつつ、一方で多すぎるアマモを間引く。ここで収穫されたアマモはまだ活躍します。石風呂(サウナ)に使用され、農作物の肥料にも使われるようにもなりました。

アマモを撒いた土地は、明らかに土の質が良くなって、そこで栽培されたミカンも抜群に甘さが増したとのこと。この自然の大きなサイクルこそまさしく「里海資本論」の目指すところであると言えるでしょう。

そして、里海は自然だけではなく、人間も蘇らせるのです。これこそ地方創生の重要なポイントになってくる。私はそう思っています。本に書かれていた新里さんの言葉を引用してみます。胸にグサッとささる人、多いのではないでしょうか。

新里さんは思い出す。都会で働いていた時、通勤電車の車窓から見えるはずの桜の花に気づかないまま、シーズンが終わっていた。もともと日本の四季のうつろいが好きで芸術を志し、染織を学んだのに。すっかり忘れてしまっていた。もうだめだと思った。

これからの日本にとって、無くてはならない考え方だと思うのです。自分の価値観を改めて見つめ直すという点でも素晴らしい本なので、ぜひ手に取って見てほしいです。

スポンサーリンク