確定申告が不要になって超便利。ふるさと納税の際は必ず「ワンストップ特例制度」を申請しておこう。

▼この記事をシェアする

ふるさと納税、やってますか?今のところメリットだらけの制度なので、やっておいた方がいいですよ。

ところで、昨年までのふるさと納税は確定申告を自分で行う必要があったのですが、今年から「ワンストップ特例」という制度が導入され、手続きが簡素化されました。

image

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/topics/20150401.html

特定の条件を満たせば確定申告が不要になるこの制度、税務署に行く時間が取れない人にとっては、かなり助かるでしょう。

1.平成27年1月1日から3月31日までの間に、ふるさと納税を行っていないこと。
2.寄付する自治体の数が5つ以内であること。
3.確定申告を行う必要がないこと。

具体的な条件を見るとわかるように、副業をしていないサラリーマンが主な対象になってくるでしょう。会社勤めだと税務署に行く時間がなかなか取れませんからねぇ。

ちなみに、手続きは簡単です。

ふるさと納税の申し込みをする時に、「ワンストップ特例制度の申請を行う」というチェックボックスにチェックしておきます。

申し込みと寄付を済ませた後しばらく経つと、寄付先の自治体から返信用書類が届くので、それに記載して送るだけ。書くところはほとんど無いので楽ちんです。

image

ふるさと納税を行っている人で、特例の対象だけど申請していない人もいるのではないでしょうか?念のため、再確認しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク