シャープ製品が欲しいなら、社員がAmazonやヤフオクに出品するまで待とう。

スクリーンショット 2015-11-18 14.49.42

懐事情が相当苦しいシャープ、ついに苦肉の策にうって出ました。

自社製品購入、社員に「ノルマ」設定…シャープ


経営再建中のシャープは、全従業員を対象に、自社製品の購入を呼びかけるシャープ製品愛用運動を20日から始める。

取締役や執行役員は20万円、管理職は10万円、一般社員は5万円と役職に応じて目標金額を設定し、売り上げ増を目指す。同様の取り組みは、経営危機に陥った旧三洋電機が2004~05年に実施した例があるぐらいで、異例のことだ。

「特別社員販売セール」として、来年1月29日まで実施する。セール専用のサイトから申し込む仕組みで、社員には購入額の2%分を奨励金として支払う。購入状況を会社側が把握できるため、目標金額は、事実上の「ノルマ」と受け止められている。

シャープは、家電部門を担当する長谷川祥典専務執行役員名で文書を配布し、「厳しい難局を乗り切れるよう協力してほしい」と呼びかけている。

シャープの従業員数は国内単体で1万7436人(9月末現在)。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151118-00050002-yom-bus_all

最大10億円の売上増

一般社員の販売ノルマが5万円。シャープ単体の従業員数が1万7436人で単純に掛け算すると、8.7億円。役員や管理職の売上を考慮しても、9億円~10億円いけば良いほうでしょう。

10億円の売上が今のシャープを救えるとは到底思えないので、在庫を減らす、もしくはキャッシュを増やす方法としてこの施策を考えたのではないでしょうか。

シャープ製品絶好の買い時

この策が実施されると、どうなるか。社員の人たちには申し訳ないのですが、私達一般ユーザーにとっては嬉しいことが起きるのです。

5万円以上の自社製品買いをしようとしても、欲しい製品があるとは限りません。そうなると、リセールバリューが高い製品を買って、すぐに売ってしまうのが一番ダメージが少なくて済むことになります。

となると、Amazonマーケットプレイスやヤフオクなどの中古市場に、シャープの新古品が大量に流れてくることになるわけです。そうなった時を狙って、欲しい家電を買えば良いのです。

とはいえ、あまり大きな家電だと置き場所の確保が大変だと思うので、実際には炊飯器、空気清浄機、SIMフリースマホあたりが売れるのではないでしょうか。

これとか、

これとか。

電機メーカーの社販価格は家電量販店よりも高いという話もよく聞くので、運が良ければ相当安く買うことができるかも。というわけで、シャープ家電を狙っている人はもう少し待ってみるのが得策かと思いますよ。