Amazonのダンボールが妖怪ウォッチ仕様になってる!

いつものようにヤマトのお兄さんからAmazonの荷物を受け取ろうと思ったら、見慣れない箱がありました。いつもの茶色い箱じゃない・・・?

妖怪ウォッチだ!

image

この箱、何ですか?と聞いてみたら「Amazonさん、広告始めたようですね。」とのことでした。1日に使うダンボール数もかなりの枚数になりそうなので、本格的に広告展開したらそれなりの効果はありそう。

Amazon「プライムデー」、1日の販売数が過去最高を記録(文●通販通信 2015/7/21)

プライムデーに9カ国で3440万点が売れたということから考えてみると、日本で1日に売れるのは200万点くらいでしょうか。そう考えると、ダンボールも20万〜30万個くらいは少なくとも使っているでしょう。結構なインパクトですね。

image

実際に掲載されている広告は、妖怪ウォッチに関連するもので、ニンテンドー3DSのソフトだったり、

image

映画「妖怪ウォッチ」の予告だったり、

image

プレゼントが当たるキャンペーンの告知などが書かれています。さり気なくAmazonプライム・ビデオの広告も載っていますね。もちろん妖怪ウォッチを見ることができるからだとは思いますが。

今回のように複数分野の商品がある場合には、かなり効果がありそうですよね。見ていたらちょっと欲しくなりますし。最近流行っているスターウォーズあたりでやると、売上増えるんじゃないでしょうか。

こうなると気になるのは強豪の動き。直販という意味だとLOHACOが直接のライバルになると思うので、ここがどう動くか。個人的にはダンボール内にチラシを入れられるよりはパッケージが広告の方が嬉しいですけどね。どうせ捨てるんだし。